新井康弘は木下優樹菜と同じ韓国人?結婚してる?嫁や子供は?現在は?

Pocket

今回は新井康弘さんの紹介です。妙な噂が流れているので、真相を究明。

新井康弘プロフィール

生年月日 1956/12/5
星座 いて座
血液型 a型
身長 179㎝
出身地 東京
ジャンル 俳優、声優・ナレーター
デビュー年 1977年
デビュー作 岸辺のアルバム(TBSテレビ)
特技 ドラム
趣味 バイクの運転
弟は元俳優の「新井つねひろ」さんです。「ウルトラマンレオ」の梅田トオル役で出演していました。

舞台 「ブロードウェイ・パウンド」「ビロクシー・ブルース」「雪やこんこん」 

映画 「関白宣言」「ピーマン80」「武闘の帝王」 

ドラマ「水戸黄門」「大好き! 五つ子4」「相棒」 

テレビ「笑点」「笑って笑って60分」「レッツゴーヤング」

 

スポンサードリンク
新井康弘さんと言えば、テレビドラマや、映画、舞台などで活躍していますね。特技がドラムって事は昔バンドでも組んでいたんでしょうか?
という事で、調べてみますと、紅白にも出場経験のあるバンドメンバーの一員だったんです。そのお話については後程。
そしてなんと新井康弘さん。納豆は424回かき混ぜるらしいです。(笑)

木下優樹菜と同じ韓国人?

とりあえず、木下優樹菜さんが韓国人と言う噂は知ってますよね?知らない?…では一応情報をどうぞ。

在日韓国人の3世に当たるようで、かつては朴優樹菜という名前だったようです。

この名前っていうのは、木下優樹菜さんが雑誌に掲載された時に使われていた名前のようで、その雑誌っていうのはネットで調べるとたくさん出てくることからかなり有名なものとなるようです。

その疑惑の写真がこれ。

ばっちり「朴」と掲載されていますね。これについては、雑誌のミスで木下をくっつけて朴にしてしまったとか囁かれていますが実際はどうなんでしょう?そんなミスありえますかね~…

と、そのことは置いといて、「木下優樹菜」さんと、「新井康弘」が韓国繋がりで検索されています。

なので新井康弘さんの韓国情報について調べてみた所、信ぴょう性のある情報を探し出すことは出来ませんでした。

同じ「新井」でも、プロ野球選手でカープに所属する「新井貴浩」さんは在日で帰化していますし、もしかしたら苗字が一緒だから韓国人と噂されるようになったのかもしれません。

他にも、サッカー選手の「新井場徹」、歌手の「新井英一」さんなど、新井と言う苗字には多いようです。

言われてみればそんな顔立ち…なのか…

もしかしたら帰化してるかもしれませんよね。

 

結婚してる?嫁や子供は?

結婚してお子さんも居らっしゃるようです。

五つ子のインタビューで家族の事を語る新井康弘さん。

また、10年間演じてきた良介については「僕自身、私生活では家族のことをそれほど話さないんです。

良介は何かにつけて夫婦で会話をするので、私生活では“良介だとしゃべれるのに、新井康弘だとしゃべれないのか”と家族に責められたりします」と苦笑いしていた。

こうおっしゃるように、新井康弘さんは私生活の情報を喋りません。

なので、いつ頃誰と結婚したのかも把握することが出来ませんでした。勿論お子さんについてもです。

 

ずうとるび。画像あり。

特技がドラムと言うように、実際にバンドを結成していました。その名も「ずうとるび」。

1969年(昭和44年)、日本テレビ系「笑点」で「ちびっこ大喜利」がスタート。芸達者な子ども達による大喜利が人気を博し、定例企画に。山田隆夫は第一回からのレギュラー。

後に、新井康弘、江藤博利、今村良樹の順にレギュラー入り。1973年に4人が顔を揃えることに

スポンサードリンク

その後、

”座布団10枚”のご褒美として、山田がレコードデビューの権利を獲得。音楽好きの山田が中心となり、4人でバンド結成。山田がサイドギター、新井がドラム、今村がベース、江藤がリードギターとパートが決まり、猛特訓。グループでのデビューが決定。

こんなバンド実力はないんだろうと思うかもしれませんが、爆発的なヒットを果たします。「みかん色の恋」でヒットし、その後、1975年の紅白歌合戦にも出場しています。

その紅白の時の歌が「初恋の絵日記」です。

これだけのヒットですから、ビートルズより先にずうとるびの事を知った人もいるくらいなんですよ。

因みにベースの今村さんが左利きだったことから、「ビートルズみたいだな」という事で、ずうとるびに決定したみたいです(笑)

現在は解散しています。一部のファンからは現在ずうとるびのメンバーはどうしてる?などの質問がネット上で見られます。
それくらい人気な男性アイドルグループだったという事ですね。

現在は?

しっかり活動しています。本人のブログでも、活動情報を更新していますね。

現在は「煙が目にしみる」に出演しています。

その作品内容とは?

劇中では田舎の斎場を舞台に、ジャズナンバー「煙が目にしみる」に乗せた”笑いと涙のフューネラル・コメディ”が展開する

ジャズ…?ちょっと想像しがたいですが…

あの加藤健一さんはこう言います。

ボロボロ涙を流しながら大声でゲラゲラと笑う―――そんなお芝居を観た事がありますか?

日本の演劇史に残る珠玉の名作「煙が目にしみる」は、きっとあなたの心にあたたかい愛の灯をともしてくれる事でしょう。

お芝居なんですね!これを見た後には、笑顔になっていそうな感じですね♪現代では毎日毎日同じ仕事をしてつまらないと思っている人も多いはずです。

たまには、こういうお芝居を見てもいいんじゃないでしょうか?

 

五つ子

放送期間は小学校の夏休みの期間でした。夏休みにはいつも見ていた記憶があります。(そんなことはどうでもいいですね(笑))

拓也、美穂、慎吾、紀香、剛の五つ子と、中学校教師のパパ良助。そして、一度に五人も生んで育てる元気ママ桃子の七人家族が繰り広げる可愛く、楽しく、そして涙の物語。

新井康弘さんは桜井良介の役でした。

五つ子の父。中学教師で、現在学年主任。副校長の昇進試験に合格したものの、今でも教壇に立ち続けている。

かる~く紹介すればこんな感じです。

人気シリーズとなった理由は。

「子供が見られる夏休みに放送」「様々な年代が共感できる身近な内容」「視聴者からのシリーズ化要望や季節ものとしての高い反響」

などがありました。私もこの作品を見た時に、「あぁ、夏休み来たんだな」と思っていました。(だからどうでもいいですね(笑))

スポーツで例えると、夏の甲子園みたいな感じでしょう。

 

死亡?

何故か新井康弘と調べると、「死亡」というキーワードが引っ掛かります。ですが先ほど新井康弘さんが活動していると言ったように、死亡したというのは完全なるデマです。

新井康弘さんは主演などを務めてないので、あまり表立っては見ないからなんでしょうね。現在もしっかり舞台で活躍していますよ♪

 

ブログでドラマ情報など

新井康弘さんは自身のブログ「他力本願」~なるようになるさ~を作成しています。他力本願て。(笑)

このブログではお芝居の事やドラマの事、そしてプライベートの事など、雑記ブログの様に更新しています。元ずうとるびファンの方はこの記事をブックマークすれば良いと思います。

甥っ子からの栃木土産。なる日記も更新しています。「ぶどう餅」の写真を共にアップ。他には人の宣伝なんかもしてますね。

ひと思いの優しい男なんですね♪死亡してるとか意味不明な噂はほっといて、バンバン活躍して欲しいですよね♪

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です