神田正輝のカツラが東京フレンドパークで!画像?若い頃と比較。父親母親は?

Pocket

今回は神田正輝さんの紹介です。

神田正輝プロフィール

名前:神田 正輝(かんだ まさき)

誕生日:昭和25年12月21日

出身地:東京都港区出身

血液型:A型

身長:178cm

体重:70kg

学歴:日本大学高等学校、日本大学芸術学部映画学科卒業

所属:石原プロモーション

中学時代からいくつものスポーツ系の部活を掛け持つなどスポーツ万能なタイプで大学時代にはプロ級のスキーの腕前を生かし、スキー板の開発のアルバイトなどもする程。

大御所俳優です。部活の掛け持ちは聞いたことないですね。しかし、万能すぎますよね。何でもできるタイプなんでしょうね。

芸能界入りのきっかけは1973年、レストランで石原裕次郎さんに声をかけられ意気投合した事がきっかけとなり、端役でドラマに出演し、そのまま石原プロモーションへ入社。

あの裕次郎さんに声を掛けられるくらいですから、存在感があったんでしょう。裕次郎さんの眼に狂いはなかったという事ですね。

スポンサードリンク

この時。

「冷やかしでドラマ1本にでてみないか?」

と言われたそうです。きっかけが今じゃ考えられないですね。

この方を知らない人は恐らく居ないでしょう。国民的スターですから。

石原プロモーション入社後、「太陽にほえろ!」では西條昭刑事役で出演し神田正輝さんにとっても代表作となります。

この作品が神田正輝さんを有名にしたと言っても過言ではないですよね。

 

カツラが東京フレンドパークで?画像?

芸能人とは言えど、こればっかりはどうしようもありません。

神田正輝さんは、ある番組収録をきっかけにカツラ疑惑が浮上しました。それは関口宏の冠番組「東京フレンドパーク」です。

現在番組は終了してしまいましたが、非常に人気の高いゲームバラエティー番組でした。 その企画の一つウォールクラッシュに挑戦した時に事件は起きました。

ウォールクラッシュはマジックテープのついた手袋と服を着て、助走してジャンプし、マジックテープのついた壁に張り付くというゲーム。

その挑戦した際にカツラがとれ壁面にくっついてしまった様です。

ありましたね~。ウォールクラッシャー懐かしいです♪「この人どれだけ飛ぶんだろう…」てワクワクしながら見ますよね。しかし、この事件が起きた時は現場が凍り付いたに違いありません(笑)

観客を呼ぶ観覧番組でしたので、スタッフは観客に緘口令を敷き観客を総入れ替えで再度収録を行った様です

ここまでしてるのに事件の内容が広がってしまったとは。私だってこんな衝撃事件があったら黙ってる事は出来ないです。(笑)

動画などは残っていないようですのであくまでその場にいた人の話で真相は定かではありません。

お喋りの人が言いふらしたという事ですかね…?

しかし局側は。

テレビ局側も「そもそもウォールクラッシュは、安全面から壁側にループ起毛の面、服側にフック起毛の面が張られており、壁のループ面にかつらが引っ掛かることは物理的にあり得ない。」とコメントを出しているようです

との事です。真相は深まるばかりですが、わざわざこんな嘘を付きますかね~。という事で、画像で比較してみましょう。

 

若い頃と比較

神田さんすいません…

デビュー当時ですが、なかなか剛毛ですね。密度があって髪の毛も太そうです。眉毛も太く、男らしいですね♪昭和の男前ってこんな顔ですよね。

 

太陽にほえろ

常に20%以上の視聴率を取る人気番組だった「太陽にほえろ!」は、今となっては当たり前になっている刑事を主役にした「走る」刑事ドラマです。

当時このドラマを知らない人は居なかったでしょうね。系統は違いますが「笑っていいとも」みたいな感じでしょうか。もう番組終了してますが。

このドラマはパート2を含めると全730話あるんですと…メチャクチャ長いです!

話が逸れましたが、神田正輝さんの髪は相変わらずしっかりあります。

 

今現在

どうでしょう。

さすがに若干薄くなってるような気もしますが。当然ですよね。若い頃に剛毛だった人はハゲやすいっていいますが、カツラなのかは謎のままです。

神田正輝さんがハゲてたらショックですよね。ファンのために隠し通してくださいね。(笑)確定ではないですが。

スポンサードリンク

 

ネットにはこんな画像がありました。これは合成なのか…分からないですが、剥げててもカッコいい!(笑)

 

父親母親は?

神田さんなのですが、神田さんの両親など出生の秘密が話題になっているそうです。

何かややこしいことでもあるんでしょうか。

神田さんは1950年生まれなのですが、母親は元松竹歌劇団で活躍し戦前に多くの映画に出演していた女優の旭輝子さんなのだとか。

母親が芸能人なんですね。父親の名前は神田正次さんといいます。

ただ、実は神田正次さんは石油販売をする会社の二代目社長で妻子のある身だったとのことで、旭さんは神田正輝さんを未婚のまま身ごもってそのまま出産したのだとか。

という事は不倫していたという事になりますね。旭さんの写真は情報として出ますが、正次さんの写真はおろか情報が全くと言っていいほどないですからね。…そういう事だったんですね。

こちらが母親の旭輝子さんです。綺麗な方ですね~!

母親の旭さんは2001年に亡くなっているのですが、その時には元妻の松田聖子さんと娘の神田沙也加さんも葬儀に出席をしていて家族で久しぶりに集まった姿を見せていたそうです。

娘さんは複雑だったでしょうね。どんな気持ちだったんでしょうか。

もしかしたら神田さんの口から父親の事が語られるかもしれないですよね。気になるところです。

因みに

1870年に制定された新律綱領では、妾を妻と同じく二親等と認めるなど、一夫多妻制の法整備をしていた時代でもあり、地位ある男性が妻と別に愛人をもうけることも、しばしばあったようです。

言われてみれば平成の時代よりも昭和の男性は女性よりも地位が高い感じでしたしね。不倫というのが赤裸々に語られていたような気もします。もしこの法が通っていたら日本はどうなっていたでしょうか…

そして時代は変わって婚外子(非嫡出子)の法律も、嫡出でない子の相続分が嫡出子の相続分と同等になったりと、徐々に変化してきています。

時代は変わりますね~。

 

兄弟

いるのでしょうか?

神田正輝さんは兄弟がいません。一人っ子のようですね。

ただ、父の神田正次さんには正輝さんが生まれる前に、妻子がいたとのことなので、最低でも一人の腹違いの兄か姉がいることになります。

どんな方なのか気になりますよね。神田正次さんもハンサムなんでしょうし、恐らく美男美女なんでしょう。

 

娘(神田沙也加)

ご存じのとおり神田正輝さんの娘さんは神田沙也加さんです。

2001年CMで芸能界デビュー。

2002年歌手としてシングル「ever since」をリリース。

2003年「Into the Woods」で舞台初出演後、舞台を中心に女優としてのキャリアを積み、第43回菊田一夫演劇賞受賞。

声優としては、ディズニー映画「アナと雪の女王」で日本語吹替版アナ役を担当し、第9回声優アワード主演女優賞を受賞。

その他にも映画、テレビアニメ、ゲーム、ラジオパーソナリティーとして多岐にわたり活動中。

神田正輝さんと松田聖子さんの娘さんです。ハイブリッドですね。デビュー時は衝撃でした。アナ雪は爆発的にヒットしましたよね!♪

神田沙也加さんは神田正輝さんのことを「パパ」と言っています。

お父さんが好きなんですね。

神田沙也加さんは顔も性格も父親の神田正輝さんにそっくりとは自画自賛しているところをよく見かけます。

大スターの娘という誇らしさからでしょう。沙也加さんは幼少期に可愛がられたんでしょうね。神田正輝さんも親ばかだったに違いありません。(笑)

なんとな~く雰囲気は松田聖子さんに似てると思うのは私だけでしょうか?

ほら!なんとな~く似てますよね!(笑)

 

話は大分逸れましたが、神田正輝さんのカツラ疑惑は解明されていません。その疑惑が解けるのも時間の問題かもしれませんね。疑惑のままで終わって欲しいところです!

こちらの記事もどうぞ↓↓↓

神田正輝の元嫁の松田聖子との馴れ初めは?離婚理由は?再婚相手は?

 

もういっちょ↓↓↓

神田正輝と三船美佳のホテル写真?番組は旅サラダ?歴代彼女は?遍歴。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です