リリーフランキーの若い頃は?彼女は人形?結婚歴は?痩せた理由は?

Pocket

今回はリリーフランキーさんの紹介です。俳優は勿論の事ライターやエッセイスト、小説家などの物書きだけでなく、人気NHKアニメ「おでんくん」の作者として有名なように、イラストレーターや絵本作家としても活躍しています。

そんな彼の若い頃の話や、彼女に関する事など、ギュッとまとめてみました。

 

リリーフランキープロフィール

【名前】リリー・フランキー

【本名】中川雅也(なかがわ・まさや)

【生年月日】1963年11月4日

【星座】蠍(さそり)座

【血液型】B型

【身長】174㎝

【体重】62㎏

【出生地】福岡県北九州市小倉生まれ

【高校】大分県立芸術短期大学付属緑丘高等学校

【大学】ガンパウダー有限会社

大学時代に仲のいい友人がおり、周りから「薔薇と百合(ローズ&リリー)みたいと言われたことをきっかけにペンネームのリリーをとりまたポップバンドCulture ClubのBoy Georgeのファンだったことから、「男だか女だか判らない、日本人だか外国人だか判らない謎めいた名前にしたい」との理由で、フランキーを付けてリリーフランキーと名乗るようになりました。

そうだったんですね。映画などでリリーさんの名前を見た人で外国人の人だと思った人は少なくないはずです。本名は中川さん。いたって普通です。

雰囲気ありますね!渋いです!

スポンサードリンク

『東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン―』は著者初めての長篇で、2006(平成18)年本屋大賞を受賞。その他の作品に『女子の生きざま』『美女と野球』『日本のみなさんさようなら』『マムシのan・an』『増量・誰も知らない名言集』『リリー・フランキーの人生相談』などがある。

俳優としても活動しているリリーさんですが、こういった受賞歴もあって非常に多種多彩な顔を持っていますマルチタレントで作曲家、デザイナー、放送作家、イラストレーターなど書きだしたらキリがないないくらいですからね…その才能に驚かされるばかりです!

最近では、出演した『万引き家族』が第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞しています!

 

そこでも、面白い?話が。

パルムドールを受賞した反響を聞かれると、「監督と作品が取った賞なので。でも、周りの人に『おめでとう、じゃあシャンパンでも』って便乗してお酒(の栓)を抜かれる。パルムドールをもらった次の日にクレジットカードをなくしたんで、生活に困っているんです」と明かして、会場の笑いを誘った。

けっこうおっちょこちょいなところもあるんですねー(笑)きっちりしてそうなのに(笑)

 

若い頃

引きこもりでした。

 

働いたのは月に何度かしかない。当然、なんにもしないから金がなくなって、親からも、友だちからも、サラ金からも金を借りて生活をしてました。それでも金がなかったから電気もガスも止まったままでしたけど。
まわりにいる人からは「働いたほうがいいよ」とずっと言われてましたが、オレにはどこに行く気力もなかったんです。日雇いの仕事ならいくらでもあったけど、バイトに行こうと思っただけで三日ぐらい徹夜した気分になってましたから。
当時、ひきこもるっていうのは、いまと「一人度合い」がちがうんです。いまなら携帯やインターネットもあって薄く人とつながれるでしょ。
とくにインターネットがあると、同じような境遇の人を見つけて安心したり、俺がここにいるっていうアイデンティティをなんとか保てるかもしれない。
それが人の悪口を言うだけであってもね。でも、それもない。一人になりきれるからいまよりも昔のほうが楽だと思うけど、当時は完全に自分のことをクズだなと思いながら生きてました。
いや、言い方悪いですけど本人が言うように本当にクズだったんですね…サラ金から金借りて仕事しないってやばくないですか?
罪悪感も感じていましたか?との問いに。

当然あったし、さっき言ったような自分を責める気持ちもあったんですが、それがどんどん「無痛」の状態になっていくんです。

飛び降り自殺をすると、飛び降りている最中に気を失うって言うでしょ。あれと同じだと思うんですが、無気力度がどんどんアップしていって、痛みのスイッチを切るんでしょうね。

 

確かに、何もしなければ無気力状態になってホントに動くこと自体おっくうになってしまいますもんね。他にもありました。

リリーさんは大学卒業後、就職せずにフリーでイラストや文章を書きながら生計を立てていましたが、その生活はとても苦しいものでした。

全く食べて行けず、水道は止められ、家を追い出され、借金まみれの生活が続いたと言います。

もうこれ以上、後がないという状況で、雀荘に一週間いたこともありました。その間、一度も家に帰らず、食事は雀荘の無料で出されるおにぎりを食べて、しのいだりしていました。

僕も20代後半、ほぼホームレスに近い生活をしていたけれど、寂しいのが一番しんどいんです

「おなかが減るのはなんとかなるし、暑い寒いは慣れる。でも、(ドラマと全く同じで)寂しいのが一番しんどい」と人恋しさがあったことを明かした。

 

サラ金からお金を借りていたのは、イラストや文章を書いても生計が立たなかったからなんでしょうね。ホントにホームレスに近い生活ですよね。まさにギリギリの。苦労人だったんですね~。

そして人間は一人で生きていけないっていうように、「寂しさ」というのがどれだけ辛いのかという事がリリーさんの言葉に表れていますね…壮絶な経験をしていますね。まさに、この極限の生活を乗り越えての「今がある」という事なんでしょう!

 

彼女は人形?

え?怖いんですけど…(笑)

 

都内のある居酒屋。イベント出演を終えたリリーは、スタッフらとともに打ち上げに参加する。そこには当然のように、車椅子に乗せた「恋人」も同伴していた。

リリーの恋人「リリコ」は、70万円をかけたシリコン製の特注品。ロングヘアに端正な顔だち、そして豊満なボディが悩ましい。残念ながら、彼女にお通しは出されなかったようだが、「ウチのはかわいいよ」と目を細めるリリーからは、同席した女性スタッフに、「リリコと会話してやってよ」

というシュールなお願いも出たという。だが、当のリリコ嬢はじっと前を見据え、無言のままである。テレビ関係者が言う

「リリーはさらに、『リリコ、お前も一杯どうだ?』と彼女に酒を勧めたりと、周囲がドン引きするほどの愛情を注いでいた」

 

めっちゃ怖いんですけど!(笑)もし自分の友人がこんなこと言いだしたら、病院へ連れていくレベルですよね…(笑)…いやそれは言いすぎなのかもしれませんが、とにかくこういう趣味を持ってるって事でしょう。

そして日本人なら知らない人はいない。あの「笑っていいとも!」彼女と出演してしまっていました。(笑)

 

リリーさん、やりすぎです…

みうらじゅんさんと一緒に作った完全オーダーメイドらしい。4人?で居酒屋にダブルデートしに行くって嬉しそうに話してたよ笑 席に座って2人分しかつきだし出てこなかったらキレるって言ってたw

こんな人もいるんですね~。冗談かと思ってたんですが。居酒屋でキレてる場面物凄くみてみたいですね!大爆笑は避けれないでしょう!(笑)リリーさんごめんなさい。(笑)

スポンサードリンク

 

結婚歴は?

あるんでしょうか?

 

結婚歴はありませんでした!もう一生「リリコ」一筋で行くかもしれませんね。(笑)しかしこんなリリーさんですが、熱愛の噂が数多くあり、美人な方ばかりなんです。

 

安めぐみ

 

当時の画像は見つかりませんでしたが、2006年2月24日号の『フライデー』に、二人の焼肉デート現場がスクープされたそうです。リリー・フランキーさんとのデート報道に関して、彼女と噂された安めぐみさんはコメントを発表しました。

なんとコメントしたんでしょうか。

二年近く一緒にラジオをやらせていただいて、今も「りりメグ」というユニットを組み、とても良い仕事仲間、そして尊敬する方として接しています。ただ、このような形で皆さんにご心配を掛けるようになった事、とても申し訳なく感じています。

 

そりゃあ二年も一緒に仕事していたらご飯くらい行くでしょうからね~。ともあれ、安めぐみさんの良き仕事仲間ってことですね!

 

加藤紀子

交際当時の画像は見つかりませんでしたが、二人が付き合っていた可能性は高いのでは?と言われています。ただ、双方が交際を認めたかどうかは不明。

リリー・フランキーさんの代表作『東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン~』は200万部を超えるベストセラーとなりました。
ここに登場する、『オカンと仲のいい彼女』は加藤紀子さんのことではないかという噂も。

噂では、リリーさんは交際に関して真剣だったようで、リリーさんの母親も公認していた様なんですね。ですが結局加藤さんは違う男性と結婚しています。

 

長澤まさみ

リリーさんは舞台「クレイジーハニー」での共演で長澤まさみさんと出会いました。

 

リリー・フランキーさんは当時から長澤まさみさんを気に入っていたようで、よく彼の親しい友人や先輩達に長澤まさみさんを紹介していたということもあり、実は今回以前にも二人は熱愛疑惑が報じられていたこともありました。

2011年9月11日~13日には完全なプライベートで宮古島に2泊3日の旅行をしていたなんてこともありました。

この件については長澤まさみさんの所属事務所である『東宝芸能』の担当者も認めており、担当者は「確かに宮古島には行っております。

ですが、『クレイジーハニー』を一ヶ月演じきった同士として慰労会のような形で、共演した本谷有希子さんや、彼女の友人である鈴木杏さんも一緒で、友人同士の旅行をしていました。

リリー・フランキーさんとは親しい友人ですが、本当にそれ以上はありません」とコメントしていました。

 

二人っきりだと疑われても仕方ないですが、この場合で熱愛報道はないでしょう。

しかし二人っきりで焼肉デート?をスクープされてしまいました。

・・・それは2016年6月14日の19時のことでした。その姿のままでレッドカーペットに歩いても決しておかしくないほど背中部分がパクリと開き、裾には深いスリットが入っている紺色をしたワンピース。

東京の世田谷区内にあるドラッグストアを人目も気にせず堂々と歩く長身の美女がいました。なんとこの美女の正体は長澤まさみさん(29歳)だったのです。

そんな二人がゆっくりと歩き始めたのだが、すぐに立ち止まり、リリー・フランキーさんが彼女に顔を近づけて何かをささやいていたそうです。

彼のささやきに長澤まさみさんは「え~!?」といった感じで眉根にシワを寄せたかと思うと、次の瞬間には嬉しそうな表情に変わりました。

その後、二人はこの夜二軒目となった渋谷区内にある隠れ家的なカフェに向かい、およそ深夜1時半まで二次会を楽しんだようです。

彼女はドラッグストアにて商品をいくつも手にとっては品定めをしていたのだが、リップグロスや歯ブラシを購入したように見えたようです。

 

どうなんですかね~。僕が思うに、リリーさんは聞き上手で、相談相手にもなりそうなくらいマメな方みたいなので、飲みながら長澤まさみさんの恋愛話の相談でも乗ってたんじゃないですかね~。歳も20歳以上離れていますしね。父と子のような関係なのでしょう。

 

これを見れば熱愛報道されても全然おかしくないですね(笑)けっこうお似合いですよね!(笑)

ですがこの件について事務所の担当者はこう言っています。

 

担当者は「そもそも二人はデートをしていたわけではありません。昔からとても仲の良い友人であり、その日もただ食事をしていただけです。二軒目には二人のほかにも友人たちが来ていましたよ」と応えたそうです。

 

これはやはり熱愛はないですよね。やっぱりリリーさんには「リリコ」がいますからね!(笑)しかし、スクープされているだけでこんな美人な方ばかりだと、実際はまだまだいるんでしょうね!柴咲コウさんとの熱愛報道もありましたし。

リリーさんは撮影現場でも周囲にマメっていいますから、そういうところもモテるところなのかもしれませんね!

 

結婚願望は?

あるんでしょうか。気になります。

 

リリーさん自身は独身だが、結婚観について尋ねると「いいもんだな、と思います。(劇中で)夫婦で一緒に立ち食いそばを食っているときは、苦しいものを乗り越えた感が自分にもあって、そのときに翔子(木村多江)が200円くらいの蕎麦を食べてて…。

周りはサラリーマンが独りで食べている中で、なんか俺は誇らしげな気持ちになったんですよね。こういう食事だけど、2人で食べているっていうことに。

ああいう、一緒にいる感じが憧れます。結婚っていいな、と。いつかはしたいですね。東京が早く同性で結婚できるようになればいいんですけど」

 

同性って!(笑)リリーさんは人形が彼女と言ったり、同性と結婚と言ったり謎が多い人なんでしょうね。でも願望はあるってことなんでしょうね。

速報!「リリーフランキー結婚!」とかありえますよね!

 

痩せた理由は?

病気にかかったんでしょうか。

2016年7月にニューヨークで行われた映画祭で、リリー・フランキーさんが激やせしている!と話題になりました。
頬が痩せこけているために、なにかの病気?とファンの間で心配されていました。

しかし、激やせした理由は病気ではなく、自らダイエットをしていたようです。
2016年公開の映画「シェル・コレクター」では、盲目の貝類学者を演じています。
その後、2017年公開の映画「パーフェクト・レボリューション」では、脳性麻痺の役を演じています。
そのための役作りとして激やせしたようですね。

 

役作りだったんですね。にしても別人ですね…もし病気になったらこんな感じになるんでしょうか…とか冗談はやめといて!やっぱりほどほどに肉が付いてるほうが健康的で良いですよね!

これは2013年で、49歳ですかね?男前です!

 

リリーの魅力を映画関係者が語る。

「今回も共演している樹木希林(75)は、『あんたみたいなのが出てきたら、私たち俳優は困る』と語っている。『プロじゃない』というスタンスで難しいことをさらっとやってしまう。本職泣かせです。是枝監督は『注文した芝居にプラスαの仕草を取り入れることができる。バケモノです』と評しています」

 

カンヌ国際映画祭での樹木希林さんからのコメントです。ここまで評価が高いリリーさん。なんてったって、あのスピルバーグ監督が「いったい何者」と唸ったという逸話もあるくらいですからね!

これからも彼の活躍に期待です!リリーフランキーさんの紹介でした。

スポンサードリンク