波岡一喜の嫁は○○?issaと似てる?パッチギで韓国人。

Pocket

今回は波岡一喜さんの紹介です。

波岡一喜プロフィール

名前:波岡一喜(なみおかいっき)

出身:大阪府

生年月日:1978年8月2日

所属:えりオフィス

大学は早稲田大学政治経済学部を
卒業されています!

見た目は悪そうなのに知的なんですね。人間見た目じゃ分からないものですね。意外です。

趣味は日本舞踊(藤間流)、バスケットボール、ダーツ、ビリヤード、そしてなんとキックボクシングなどがあります。やはり見た目同様格闘技も好きなんですね。

スポンサードリンク

強い男性っていいですよね。女性からしたら、守ってくれそうな雰囲気とか、ときめいちゃいますよね♪

格闘家の人ってガラの悪い人が多そうですから(完全なる偏見ですが)、波岡一喜さんも負けてないような気がします。(笑)

波岡さんは、2004年、木村拓哉さんと竹内結子さん主演の、テレビドラマ「プライド」で、西田成純役を演じ、デビューを果たされました。

しかし、キャストには、クレジットされていないようなので、ほんのちょっとした役だったのでしょうね。

このような下積みの経験から、這い上がろうという気持ちが湧いてくるのですよね。誰もが有名になるにはこういった道を通りますから、その後に成功するイメージは出来ていたのでしょう。

テレビドラマでは、初の主演を努められた、2006年の「ライオン丸g」をはじめとして、2011年「遺留捜査」

2012年大河ドラマ「平清盛」

2013年「仮面ライダー鎧武/ガイム」

2014年nhk朝の連ドラ「ごちそうさん」などなど、たくさん出演されています。

数々の出演をされていますね。役柄も幅広いですし、監督からしたら絶対的に必要な俳優さんなのでしょう。

 

嫁は○○?

誰なんでしょうか?

 

波岡一喜さんは2006年に一般人の女性と結婚しています。

2004年にデビューなので、まだそんなに俳優として活躍していない時期でしょう。

あまり収入の無い中での結婚という事は、相当の覚悟があったに違いありません。「俺は絶対に成功する!」という熱い気持ちがあったのでしょう。

お嫁さんとなったのは、2歳年下の一般女性です。大学生の時から5年間交際してきた方だそうです。

波岡さんは年下の女性の方が性に合ってそうですよね。その女性も、グイグイ引っ張ってもらうのが好きな女性な気がします。しかし、波岡一喜さんは早稲田大学なので嫁さんも知的な人なんでしょう。

なにをされているのかまでは分かりませんでした。一般人ですから、その辺は内緒なんですね。

 

issaと似てる?

波岡一喜さんはissaさんはじめ、鳥肌実さん、石黒英雄さん、甲本雅裕さんに似てると言われていますが、比較されている俳優さんは皆イケメンですから、波岡一喜さんもイケメンということになります。

イケメンで有名でお金を持ってるって最高ですよね。もし嫁さんが居なかったら色んな女性が寄ってくるに違いありません。今現在も心配するところはあるでしょうね。

では、issaさんと見比べてみましょう。まずは波岡一喜さん。

爽やかで男前です。髭がなくてもカッコいいですね。

それではissaさん。

全体的には似てるようですが、issaさんはどっちかっていうと沖縄人ですので顔が濃い系統なんですかね。波岡一喜さんは薄い系統だと思われるので、輪郭や口元、そして鼻のシュッとした感じが似てると噂される要因になったのかもしれませんね。

目の大きさはちょっと違う様に見受けられます。

 

パッチギで韓国人。

韓国人として出演していました。

井筒和幸に散々しごかれ、笑うシーンで200回以上笑わされ、「フィルムの無駄」と言われカメラも回してもらえず、助監督と2人きりでずっと笑わされた事があり、使われたのは5秒程度だった。

こんなエピソードがありました。井筒監督って見た目通り性格悪いんですね。(笑)噂では町で見かけて声を掛けても無視されたという話もありますし、波岡一喜さんは虐められたのかもしれません…ですがこういう経験が次に生きてくるんでしょう!

その後。

撮影後、井筒から事務所に連絡があり「どこに出しても辛くないようにしてやった」と言われ、実際それ以上にキツイと感じた仕事はないというが、井筒に対していまだに恨みがあるらしい。

やっぱり恨んでたんですね。(笑)

因みに波岡一喜さんは「韓国人」との噂が巷で流れている様なのですが、このパッチギで「韓国人役」として出演したため、そのような噂が流れたのでしょう。日本で生まれ日本で育ってますから、純粋の日本人と言えます。

 

逮捕?

ヤンチャそうですから若いときに…

そんな噂が絶えないのは、恐らく役柄がヤンキーや不良など、悪役が多いからなんでしょうね。

見た目が悪そうですから、なおさら逮捕されたんだという間違った噂を流させたキッカケになったようですね。

ネットの住民は。

おそらく、演じる役のイメージから検索してしまった人が多いのでしょうね…。代表作ともいえる『パッチギ』や『ドロップ』などでは、不良の役がほとんどでした。

スポンサードリンク

このように私と同じことを書いている人が殆どです。しかし、波岡一喜さんは平和主義みたいですよ。意外ですね。

そんな人がキックボクシングを趣味でするでしょうか?(笑)しかし、この世の中、コワモテの顔は武器ですよね。

笑うととても優しそうな人ですよね♪

 

火花の演技がすごい!

評判になっています。

波岡一喜さんは、俳優の林遣都さん演じる売れない若手芸人徳永があこがれる先輩芸人神谷を演じていました。

関西弁の強面を演じることが多い波岡さん。ドラマの中で演じた神谷、関西弁でまくしたて思ったことを口に出す、笑いに関しては自分の感性を信じ曲げない。

どこに地雷があるのかわからないので、いつキレられてしまうのかという緊張感を与える男性です。

怖い役柄ばかり演じていましたから、「芸人」と聞いただけで大丈夫なのか!と思いますよね。その評判が凄かったみたいです。


などと評判もいいようです。やはり悪役だけじゃなく色んな役柄を演じることが出来る波岡一喜さんは俳優としてのレベルも髙いんですね。この技術の高さはやはり井筒監督の”しごき”もあったからなんでしょう(笑)

 

子供は?

の子2人、男の子1人がいます。子供が出来たことに対して波岡一喜さんはこう言っています。

それに父親としてしっかりしなくちゃと思うようになりましたね。僕本当に駄目人間だったんですよ。赤信号も無視して平気で渡っちゃうような。でも今絶対守りますからね(笑)

他に信号無視している人や、歩きタバコしている人を見ると、マナー悪いなーって。自分にもすごく厳しくなりました。

やっぱり過去は悪かった…のでしょうか?(笑)

そして。

僕は基本的に家にいるのが好きなので、仕事がない日は、ほとんど家にいるんですよ。昨日も娘をスイミング教室に連れて行って「がんばれよー!」って。

うちは子供二人とも、習い事をたくさんしているので、自分の手が空いているときは、なるべく妻と分担して連れて行くようにしています。

こう見えてイクメンなんですね。家を出ないってことは、女の心配もなさそうですし、嫁さんからしても安心ですよね。

やっぱり子供についても習い事はたくさんした方が良いんですかね?いろんな経験をさせてあげて子供に好きな事を見つけて欲しいという、父親の優しさなのかもしれません。

子供さんはいいお父さんを持ちましたね♪

 

春菜?

あのハリセンボンの春菜さんとキスしていました。(笑)それは2006年放送のドラマ「ライオン丸G」でのシーンでした。

同ドラマに主演していた波岡は「俺も初のキスシーンで、ハリセンボンの2人も初めてのキスシーン」だったと振り返った。

続けて「台本には春菜とキスだけやったのに、現場で大根監督がはるかともしちゃおう的な感じで2人とやることに。

どんな無茶ぶりなんですかね(笑)絶対いやだったでしょうが、監督に言われればするしかないですよね。(笑)

はるかがキスの後のセリフを間違えまくって、数え切れないくらいチューした楽しい思い出(笑)」と大根仁監督の無茶ぶりで、相方の箕輪はるかともキスする羽目になったことを告白。

可愛そう…

「久保田から送られてきた写真を見て、しゃべくりを改めて見て、懐かしいなぁなんて笑いながら思い出してました」としみじみ振り返った。

こんな時って嫁さんはどんな気持ちなんでしょうか?気になりますよね。いくら俳優とはいえ、他人とキスするわけですから一般人にはその気持ちが理解できません。気持ちがいい物ではないでしょうね(笑)

 

わろてんかで落語

NHK連続テレビ小説「わろてんか」で、天才落語家月の井団吾を演じています。

この役も、夜は飲んで騒いでどんちゃん騒ぎをしていますが、昼間は人目に付かないよう落語の練習を積んでいる。

さらには、ずっと一人の女性のことを思っている優しい一面を持っている男性を演じています。

怖いイメージが多かった波岡一喜さんですが、最近では芸人や落語家に挑戦しており、しかも評判がいいというオールマイティーさを発揮しています。

この調子ならどの役柄にもハマりそうですし、是非いろいろな波岡一喜さんを見てみたいものですね。

彼の今後の活躍に期待しましょう♪

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です