大浦龍宇一の元嫁との離婚理由は?高田美和って?借金で貧乏?息子が障害?

Pocket

今回は俳優の大浦龍宇一さんの紹介です。「この世の果て」や「失楽園」などのドラマに出演し、主にドラマや映画、舞台などで活躍しています。そんな大浦龍宇一さんの家庭事情を記事にしてまとめてみました。




大浦龍宇一プロフィール

本名 梶浦靖博(かじうら やすひろ)
生年月日 1968年11月17日(49歳)
出生地 京都府京都市内
身長 181㎝
血液型 A型
最終学歴 立命館大学経済学部
職業 俳優・歌手
所属事務所 キャストパワー

大浦龍宇一は1994年に「この世の果て」で俳優デビューしました。その後ドラマ、映画、バラエティー番組、ラジオなど幅広く活動しています。また2014年に放送されたウルトラマンギンガSにも出演しており、大人だけでなく子供からも人気があります。

大浦龍宇一という名前じゃなく、ウルトラマンギンガの人って言った方が顔が出てくるかもしれないですね。

スポンサードリンク

また、歌手としても活動をしており、1996年から1999年の間はシングル、アルバムなどを出していました。有名な歌といえば、1996年に放送された「君と出逢ってから」という連続テレビドラマの主題歌で使用された「夏の午後」ではないでしょうか。

現在もブログなどで告知をして弾き語りライブなどで活動をしています。

 

俳優で歌手なんてカッコいいですよね。引き語りなんて、その人の人間性とゆうか、今までの育ってきた環境なんかが雰囲気に表れますから、しみじみとした歌を歌うと感動しそうですね~…

こんな感じで活動もされています。かっこいいですね!

 

元嫁との離婚理由は?

なにがあったのでしょうか。

大浦龍宇一さんは2000年11月に結婚されましたが、その7年後の2007年7月に離婚しています。結婚相手の詳細は分かりませんでしたので、恐らく一般女性だと思います。

元OLとの情報もあります。

奥さんとの間には主之和(すのわ)君という男の子が生まれました。離婚の理由は、嫁の過度な義母よりの考え方だったそうです。要はマザコンですよね。

女性のマザコンは珍しいと思いますが、あるんですね。有名なエピソードとしては、大浦龍宇一さんの元嫁は当時よく義母と電話をしていたそうで、その電話料金が7万円を越していたそうです。

そして、その料金を元嫁の義母は当然の様に大浦龍宇一さんに払えと言ってきたそうです。もちろん一回だけでは無かったでしょうし、土足で家庭に入ってくるようなこともあったのでしょうね。

 

ありえないですよね。昔の電話は喋れば喋った分通話料金が上がりましたから、大浦龍宇一さんもストレスが溜まったことでしょう。相手の母親は大浦龍宇一さんが俳優だったので、お金はいくらでもあると思っていたのでしょうか。

大浦龍宇一は離婚理由について2016年7月に日刊ゲンダイのインタビューにて語っています。

離婚理由は結婚が判断ミスであり離婚理由は明らかに自分のせいだと語っています。

息子が生まれる前から結婚生活が順調ではなく息子が産まれたので再考したという経緯。

離婚理由については「3人でいるべき理由がわからなくなってきた」ともしています。

 

結婚前からギクシャクしてたんでしょうか。もしかしたら子供が出来たので結婚しなければと思ったのかもしれません。勝手な憶測ですが、大浦龍宇一さんは姑にたいして良い感情を持っていなかったのかもしれませんね…

 

もともと大浦龍宇一と元嫁の離婚当初から親権は大浦龍宇一で元嫁が息子が育てるという形。この理由は大浦龍宇一の祖父である俳優・高田浩吉が孤児だったこともあり血を残していきたいという思いもあったため。

そして大浦龍宇一が息子を育てるきっかけになったのは東日本大震災の時。元嫁は自営業で忙しく息子を小学校に送り出せない時もあるほど。

それは理解していたものの、東日本大震災の時に小学校に問い合わせると登校しておらず。息子は一人で部屋におり近所の人が家に迎え入れてくれて無事であったとのこと。

元嫁は震災をきっかけに九州に移住をすると決めましたがそこは山奥で息子は
自力で学校にも行けないほど。

そのために大浦龍宇一は2011年4月から息子を引き取る決断をし、息子も大浦龍宇一と一緒に生活することを選んでくれました。

 

こんな過去があったんですね。しかし元嫁も息子の為に一生懸命時間を割いて働いていたんですね…息子さんも環境が変わって大変だったでしょうね。なんにせよ震災で命が助かったというだけでも良かったです。

 

高田美和?

だれなんでしょうか。

往年の時代劇スター・高田浩吉の次女。1962年、大映京都撮影所に入社し、同年『青葉城の鬼』でデビュー。

以後、『座頭市』『舞妓と暗殺者』『大魔神』などの時代劇で可憐な娘役として活躍し1968年に退社、『高校三年生』『狸穴町0番地』『青いくちづけ』などの青春映画にも明るい現代娘の役で多数主演。

姿美千子とともに60年代大映の清純派スターとして人気を博した。退社後はテレビと舞台に仕事の場を移し、毎日放送『女系家族』フジテレビ『おんなみち』などのテレビドラマに出演した。

 

実は、大浦龍宇一さんと高田さんは「甥」と「叔母」という関係なんです!

 

まず、大浦さんの父親は元俳優の高田由紀夫さん、父方の祖父は俳優で歌手の高田浩吉さん、父方の叔母は女優の吉田美和さんと高田瞳さん。

そして父方の祖母は元女優の宏橋照子さん、父方の義大伯母は元タカラジェンヌの東榮子さん、母方の祖母は毛利峰子さんです。

 

ものすごい家系ですね!芸能人ばかり!

 

借金で貧乏?

それには父親の由紀夫さんが関わっている可能性があります。

祖父のマネージャーを辞めた後、役員を務めていた会社が倒産

その際できた数千万の借金を肩代わりするはめに

当然、父にそんな財産はなく結果、祖父の資産で返済

膨大な資産を継ぎこんだうえ、自己破産

 

大浦さんは父親の由紀夫さんの借金を抱えているので、貧乏な暮らしをしているのでしょうか。

スポンサードリンク

 

暮らしているのは都内1ルーム6畳の部屋

「今まで料理経験は全くなかったが、主之和のために料理を覚えよう」と今ではほぼ毎日自炊

主之和くんの髪はいつも大浦が散髪

大浦は主之和くんを寝かせた後、ドラマの台本を覚える

狭い部屋を広く使えるよう、折り畳みが出来る家具を使って工夫

「主之和に普通の家庭と同じような生活をさせてあげられなくて申し訳ない…」と考えるように

 

大浦さんは俳優なのにこんな質素な暮らしをしていたんですね~…泣けてきますね…息子さんは将来恩返しをしてくれるでしょう。頑張る父親の背中は大きく見えていたに違いありません!

料理を作るようになってから、大浦さん息子さんに元気になってもらおうとキャラ弁を作ったりしていますね!息子さんの前ではいつも笑っている気がします。

 

父との関係

「父が自分の盾にならなかった分、自分はこの子の盾になろう」

父は反面教師でしかない、絶対父のようにならない

そんな決意から父との同居を拒否し続けている

息子を育てる事に専念したいという

 

そうなんですね。父親に莫大な借金を背負わされたり迷惑を掛けられているからこそ、このような考え方に至ったのでしょうね。だれだってそう思うはずです。しかし、息子さんはそんな事情を知らないでしょうから、仲良くしたいと思ってるでしょうね。

 

“じいじいへ いつも来てくれてありがとう 1番楽しかったのが遊園地で遊んだことです。こないだ学校で野菜スープを作ったから今度一緒に作ろうね。じいじいはご飯を食べてゆっくりしてたらたまに寝ちゃうから、ちょっと寂しいです。

今度将棋をやった事ないからやってみたいです。じいじいは体が悪いけどできればパパと3人でもっと色んな所に行きたいです。じいじいには苦労をかけたくないです。また遊ぼうね

 

息子さん愛情一杯育てられてきたんでしょうね。優しさが伝わってきます。息子さんにはそういう事情は関係ないですからね。こんな事言ってるのを大浦さんが聞いたらどういう気持ちになるでしょうか。ホント複雑でしょうね…

これまでの子育てを振り返って、大浦が話す。

「主之和も、もう中学3年生。思春期だし、強く反抗することも多々あります。そんな時思うのが、子育てって、大自然と向き合うようなものだなと。

今日は晴れだと思っても、急に雨が降ることもある。決してコントロールできないもの。それをわかったうえで、子供と向き合うことが大切だと思います」

息子さんも大きくなったんですね~。お父さんに感謝しなければダメですね。にしても、いつも元気そうなお父さんです!笑顔が良いですね!

 

息子

主之和(すのわ)くんの名前の意味。

主之和すのわ 主之和の主は

平和の人よ 大きな心

主之和の之は

大事なのです仲良し言葉

主之和の和は

平和の和です日本の和です

 

ちょっと難しいですがこのような意味があるみたい!

 

障害?

子さんが障害といった噂がありますが、実際はそういった噂はガセである可能性が高いです。大浦さん自身そういった発言もしていないですし、写真を見る限りでも特に問題は無さそうですし。

もしかしたら父の由紀夫さんの体調が悪いから関連している可能性があります。

 

柔らかいうどんすらまともに喉を通らない

20年前に胃潰瘍を患い、胃の半分以上を摘出

それ以来、食道が狭くなってしまう食道狭窄という症状が現れ、

食事がのどを通りづらくなり、

うどん一杯食べるのに30分以上かかってしまう事があるという

 

大浦さんの父親も大変ですね…主之和くんは障害もなく元気に暮らしていることでしょう!

 

キャラ弁

 

え!ご飯の上にステッカー置いてる...くらい出来が良いですね!(笑)

 

「まったく料理をしてこなくて、家に包丁もありませんでした。なので、息子と2人で暮らすようになって最初は、ランチパックを半分に切って、飾りにポテトチップスを入れたり、それなりに見えるようにしたお弁当を持たせていて……。でも、それだと残すんですよね」

やっぱり息子にはたくさん食べてほしいので、自分で作ってみようと思い、友達に頼んで一緒に作ってもらっていたという。

「キャラ弁を作る原動力は息子への愛情と、いいものを作りたいという情熱。料理をするようになってまだ3年。まだまだ完璧にはいかないですが、これからも少しづつレベルを上げていきたいなと思っています(笑)」

 

親心ですね。かれこれ長い年数キャラ弁を作ってますから、いまでは相当なレベルに達してるでしょうね!それでは見てみましょう。

 

孫悟空

パット見るだけで分かるこのクオリティーの高さ!これを食べるのは勿体ない。

 

ウルトラマンギンガS

リアルすぎてちょっと怖い...(笑)

完成度が高いですね!こんなリアルなキャラ弁見たことないです!(笑)

 

フリーザ

これまたリアル~。まだまだ作ってるんですが、上手すぎて逆に食べづらいですね(笑)正直、美味しくは無さそう...とか言ったらダメですね。

主之和くん友達に自慢してたでしょうね!友達も、「今日の主之和のキャラ弁なんだろ~」って思っていたに違いありません!

こんなお父さん最高ですよね!こういうの見ただけで、主之和君の前では弱音を吐かないんでしょうし、ポジティブな所が伝わってきます。主之和君も幸せ者ですね。どういう大人になるのか楽しみです!大浦龍宇一さんの活躍にも期待です!

スポンサードリンク