池脇千鶴は太った?痩せた?演技上手い?実家は東大阪ってホントなの?

女優
Pocket

今回は1997年にオーディション番組の「ASAYAN」「三井のリハウスガール」オーディションで参加者8000人の中から見事選ばれて第8リハウスガールとして芸能界にデビューした池脇千鶴さんの紹介です。デビュー当時は、アイドル並に凄い人気があったんですよ!

そんな彼女ですが、太って演技うまいの?だとか、実家は東大阪なの?だとか、色んな事を言われているのでまとめてみました。

 

池脇千鶴プロフィール

本名:池脇千鶴

生年月日:1981年11月21日

出生地:大阪府

出身中学:東大阪市英田中学校

出身高校:大阪府玉川高校(現在は枚岡樟風高校)

身長:155㎝

血液型:O型

職業:女優

活動期間:1997年~

事務所:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

 

吉本に所属していたんですね!でもお笑いなの?と思った人もいるかもしれません。

吉本はお笑いだけの事務所ではないんです!

芸人だけではなく、様々なジャンルのタレント、アスリート、文化人、俳優、スポーツ選手、アーティストが所属しています。吉本は番組制作会社としても大手のひとつで、自社コンテンツの制作にも積極的です。それゆえスター性のあるタレントはいくらでも欲しい。

勝谷誠彦や岡田斗司夫といった文化人、広島・黒田博樹などのスポーツ選手、さらにはデーモン閣下まで所属しているのだ。

これはびっくりですよね。知らない人も多いんじゃないでしょうか?参考までに。

 

 

 

可愛いですね!清純って感じがしますね。

中学校の時はバレーボール部、高校ではサッカー部のマネージャーをしてたみたいですね。こんな可愛いマネージャだと、男子は試合に集中出来なかったに違いありません!(笑)しかし、高校一年の時にリハウスガールに抜擢され芸能界入りしましたので、時期は不明ですが高校は中退しているみたいです。

そんな池脇さんが語る女優業とは?

 

実は、私、飽き性なんです。何でもかんでも3日坊主になるから、飽きたらこの仕事も続いてないはず。今も続けてるってことは、この仕事に飽きてないんですね。」

平凡だって思うことが無い仕事だし、生活でしょう?だから平凡な毎日だったら、どうだろう?ちょっとわかりません。」

まさに女優になるために生まれてきたようなものですね!役作りに身体のスタイルを変えたり大変だと思いますが、自分に厳しくできないと無理でしょうからね。

 

演技上手いの?

 

池脇さん、数々の賞を受賞しています。

・1999年度

・第25回おおさか映画祭最優秀新人賞「大阪物語」

・2000年

・第40回ACC CM FESTIVAL  ACC 主演賞受賞「三井のリハウス」

・2002年

・第10回橋田賞 橋田賞新人賞受賞「太陽の季節」

・2004年

・第18回高崎映画祭 最優秀主演女優賞「ジョゼと虎と魚たち」

・2013年

・第38回報知映画賞 最優秀助演女優賞「舟を編む」「凶悪」「潔く柔く」

・2014年度

・第6回tama映画賞 最優秀女優賞「潔く柔く」「くじけないで」「神様のカルテ2」

 

 

などなどこの他にもまだあるんですが書ききれません。これだけの賞を受賞していますから、演技力は抜群でしょう!

 

映画を見た人は?

映画「きみはいい子」って本当に、子供と子供の近くにいる人しか聞けない声で溢れてるんだよね。他の誰かのお母さんから「うちの子になる?」と聞かれて無性に嫌悪感を覚えるとか、いわゆる「あるあるネタ」などと簡単にできないものがある。まぁともあれ、この映画は池脇千鶴の演技が凄過ぎるんだ。

 

池脇千鶴の、わかってる、“見ているよ”の演技は良かった。尾野真千子の娘役の子もあんなに小さいのに凄かったが、自閉症を演じていた加部亜門くんは驚いた。クラスメイトの子供達もみんな素晴らしかった。>きみはいい子

 

映画「きみはいい子」鑑賞。若手教師役の高良健吾が雨の中家に帰れない児童に向かって「周りと一緒に嫌がらせしないで、君はいい子じゃないか」と語りかけるシーンの言葉が相手に響かないもどかしさと宙ぶらりんの空気感がリアルで良かった。しかし池脇千鶴さん、良い女優になったなーって。

 

きみはいい子』に『そこのみにて光輝く』に出てた池脇千鶴さんと高橋和也さんが出てたけど、池脇さんはすごい演技派だね。高橋さんも『そこのみ』の時はめちゃくちゃイヤなヤツだったけど『きみは』じゃ優しい先生で『そこのみ』のイヤなヤツだって気がつかなかったよw

 

低評価は見当たりませんでした(笑)凄すぎる!演技が上手いという評価だけでなく、比較的多かったのが「演技がリアル」「演技が自然」という評価です。

 

役作り

池脇さんが出演した「ごめん、愛してる」では、幼い頃に遭った事故の影響で高次脳機能障害を負ったという設定でした。

 

池脇は「このドラマのお話自体、普遍的な愛の話で、いいなと思ったんです」と話し、難しい役どころである若菜役のオファーに「悩みました」と明かすも、「プロデューサーに説得されました(笑)。『是非!』と熱心に言っていただいて『じゃあ、一緒に頑張ってみようかな』と私も思って。背中を押されたので決めた、という感じです」と、出演を決意したという。

 

池脇さんはこの障害を理解するために自身で度も何度も関係者のお方に話を聞きに行ったらしいですね。さすが数々の賞を受賞してるだけあって役作りに入念です!

 

 

結果、彼女の演技力は抜群ってことですね!私自身、ファンですから是非見てもらいたいものです。

 

太った?痩せた?

やっぱり役作りがありますから、それは当然のことでしょう!

これは、2012年の映画「はさみ hasami」の舞台挨拶の時です。専門学校の教師を演じていますから、特に太る理由もありませんね。しかし、可愛いですね!

本作は理容美容専門学校を舞台にした心温まる青春群像劇。未来の理容師や美容師を目指す若者たちが、学業やプライベートで問題を抱えながらも少しずつ自分の力でそれを解決していく過程を描く。池脇はこの学校で誠心誠意をもって学生たちに接する若手の教員・久沙江役を演じ、悩みを抱える生徒役には徳永えりや窪田正孝らがふんしている。

 

先生役の彼女もいいですね!

 

これはちょっと太りましたね(笑)それには理由が…

 

池脇は、クランクイン前にプロデューサーから「太ってくれ」との指令を受けたそうで、「言うのは簡単でしょうよ(笑)。でもまだ前の現場で撮影をしているので『つながりがおかしくなる』って言ったんですけど、『そんなの関係ない』って言われて(笑)」(池脇)と不満をぶちまけます。

しかし結局、言われた通り努力したそうで、「前の現場では、衣装がだんだんきつくなってくるのをごまかしながら撮影を進めていました」と明かすと、会場からも笑いが起こっていました。

監督もその件については逐一報告を受けていたようで、撮影の合間合間に「池脇さん、今、焼肉食べてます!」などの情報が入ってきていたそう(笑)。最終的には「もうこれ以上太れません」と池脇が言うところまでいったんだとか。

 

ひどいですね(笑)他の撮影もあるっていうのに…演技派は大変です。しかししっかり役作りをする池脇さん。流石ですね!もうこれ以上太れません。(笑)

 

もう1枚

 

全くの別人になってしまいました…(笑)プロ根性には脱帽です!

 

実家は東大阪?

東大阪にある島之内住宅という市営住宅や、東大阪春宮住宅などの噂があります。

 

リハウスガール”8代目としてデビューした
池脇千鶴(31)も、なかなかの苦労人のようで‥‥。

10年以上前に出した自伝本で幼い頃の写真が公開されていますが、
背景に古いタイプの集合住宅が写っていた。
調べてみると、それが実家で、衝撃的でした

 

と、asageiでも取り上げられています。幼少期に貧乏だったほうが、今まで苦労してきたんでしょうし、もっと応援したくなるものですよね!しかし、出身は鹿児島と言われていたりするので、どっからどこまでが本当の話かはわかりません…両親が鹿児島という噂もありますね。

 

どちらにせよ可愛いので構いません!(笑)

 

 

今も女優活動をしていますし、今後の彼女の活動から目が離せませんね。記事をまとめてる間に池脇さんの事がますます好きになりました。これからの活躍を願って、皆で応援しましょう。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.