萬田久子の年齢はナンバー?帽子をなぜ?似合わない?痩せすぎ?

Pocket

今回は萬田久子さんの紹介です。




萬田久子の年齢はナンバー?

萬田久子さんは年齢について。

「年齢なんてただのナンバーよ。

と、話しています。

『Age is just a number(エイジ イズ ジャスト ア ナンバー)! オンナのキレイ、秘密のTheory(セオリー) 』1,400円 KADOKAWA

還暦を前に、ますます美しさに磨きがかかる萬田さんが、これまでの半生を振り返りながら、「いまをすてきに生きるコツ」を伝えます。

全7章からなる本書は、「美容」「健康」「おしゃれ」「人間関係」、そして「愛」についてつづられています。

最愛のパートナーとの出会いと別れ、子どもへの想い、母への想い…、濃密かつ、素直で飾らない筆致が胸に迫ります。

この一冊を読めば、萬田久子さんの事が大体分かるでしょう。

心の持ちよう一つで、いつまでも前向きでエネルギッシュな女性は体現できる。そして少しの工夫で、年齢はただの数字になる。

萬田久子さんは年齢の割に綺麗ですよね。セクシーを超えて艶やかというか魅力がある女性です。

これでも萬田久子さんの生年月日は1958年4月13日なんですよ。50年代生まれでこの見た目ですから。

萬田久子さんには元気の法則があります。
「59歳」を記念してホノルルマラソン出場
2017年12月10日、59歳で初のフルマラソンに挑戦。42.195㎞を7時間5分で完走しました。
還暦前にこのマラソンを完走するとは並大抵じゃありませんよね。
「ジムのインストラクターにも『全身が若返っている』と驚かれました。しっかりと熟睡できて、朝の目覚めもすっきりです」
やっぱり運動は大事ですね。しかしこの年齢での挑戦は凄すぎる。
バービー人形にブライス人形。かわいいものが大好き!
黒いファッションのブライス人形(左の2体)は、萬田さんと(萬田さんの)パートナーに見立てて知り合いが贈ってくれました。懐中時計もパートナーの愛用品でした。
可愛い物を持つことで癒し効果があり、若さに繋がるとのことでしょうか。
スポンサードリンク

帽子をなぜ?

萬田久子さんのトレードマークと言っても過言ではないこの「帽子」。良いですよね。似合っていると思います。

しかし、「帽子 なぜ」と検索されている方が非常に多いです。なぜとはどういう事なのでしょう。(笑)

 

似合わない?

萬田久子さんの帽子を被る姿は良いですよね。似合っていると思います。
しかし。
萬田久子って、帽子、全然似合ってないですよね。 いつも変だと思うのですが・・。
他にも。
いつもかぶってるというより ただ頭に乗っかってるだけだし、とにかく似合ってないですよね。
このように似合ってないとの意見も。まあ人それぞれ色んな見方があるもんですね~。
という事で、一番似合っていない姿をどうぞ。(笑)
私的にこの帽子が一番似合っていないですね。(笑)
ですが大体は抜群に似合ってると思いますが。
この写真なんか最高に似合ってますよね。良くコーディネートされてると思います。

痩せすぎ?

萬田久子さんには、「痩せすぎ」との意見がよくあります。

一部を見ると。

CMの最初にミニドレスで歩く場面は、痩せすぎが目立つし、膝はカクッカクッとしていて、正直、見るに耐えないなあと…

スタイルいいんですか?ただの痩せっぽっちでは…?熟女なら、もう少しお肉が欲しいと思って見ています。

私もあのCMは好きじゃない。

皆さん、ご指摘の様に「痩せすぎ」です。あの細過ぎる二の腕や肩のラインは逆に老化を見せているようで羨ましいとも思いません。

このように、厳しい意見が多々。痩せすぎと言われたのはあるCMのようなんですね。

この他にも痩せすぎの原因が。

 

痩せたダイエット法?

実は萬田久子さん、過去に22㎏減のダイエットに成功したことがあるそうです。

22㎏って!おかしいおかしい。(笑)

 

高校生の頃は太ってた。

高校生の頃が一番太っており、体重は67㎏。ついたあだ名は”マンブー”(笑)

…マンブーて。(笑)面白いけど想像出来ません。

ダイエット方法が「キャベツダイエット」

身体には良さそう。

これは読んで字のごとく「キャベツ」を食べてダイエットするというもの。

キャベツダイエット方法は今もなお「食事ダイエット」として紹介されており、実際に医師が実践し、ダイエットに成功した例が報告されています。

…萬田久子さんのダイエット量は異常ですけどね。(笑)もしかしたら高校時代のマンブーがトラウマになっていて過度にダイエットしてるのかもしれません。

キャベツダイエットで痩せる理由

「食前によく噛んで食べるだけで脳の満腹中枢が刺激されて、空腹感なくやせられる」

キャベツダイエットの方法

・キャベツ1/6個を5㎝角にざく切りし、1日3回食事の前にキャベツを食べる

・よく噛む。10分かけて食べる

・キャベツは生で食べる

・空腹を感じた時に食べても良い

…こんなダイエット法もあったんですね。たしかにカロリーも高く無さそうですし、効果がありそう。しかしたんぱく質など他の栄養素も取らなければ身体に悪いですよね。

是非チャレンジしてみては?

 

学歴。

出身高校:大阪府港高校

のようです。

大阪市立大正中央中学校から同校に進学しています。

大正といえば、沖縄の人が多い地ですよね。リトル沖縄タウンと言われるくらいです。

中学生の頃は体操部に所属していましたが半年で退部、高校時代はテニス部に所属するなど、スポーツは得意だったようです。

高校時代は太ってたと言われていますが、動けたのでしょうか。(笑)いや、ダイエットしてないとテニスは出来ないはずですから、入部してからは痩せたはずです。(憶測ですが)

高校3年生の時にフライトアテンダントになるために全日空の入社試験を受けていますが、英語が苦手で不合格になっています。

この画像は19歳の時ですが、この美貌だけ観ればフライトアテンダント合格ですよね。ですがやっぱり英語は必須条件なんですね。

高校時代の画像を発見しました。

…やっぱりちょっと太っていました。(笑)

 

若い頃の画像。(ミスユニバース)

お美しい!これは19歳ですね。こんな綺麗な19歳見たことない。

萬田さんのキャリアは短大在学中の1978年(昭和53年)
ミス・ユニバース日本代表に選出された所から始まりました。

同年7月、メキシコのアカプルコで行われたミス・ユニバース世界大会に出場しました。

…ミスユニバース代表に選出される意味が分かります。この場面でこんな話が。

世界大会の審査員には、当時30代だったデヴィ夫人がいて「マリー・アントワネットについてどう思いますか」と聞かれたとか。

「ものすごく美しい女性でした」と当時の夫人の印象を語る萬田は「今もかわいがってくださっています」と、親交が続いていることを明かした。

まさかのデヴィ夫人ですよね。(笑)夫人も若い頃はおキレイでしたよね~♪

翌年に上京をしてタレント活動を開始しました。

当時は化粧が濃く長身でスタイルが良い萬田さんは

ホステスのスカウトなどにもよく声がかかったそうです。

…見た目が良いと色んなスカウトが来るのは分かります。女性で綺麗な人ってズルいですよね。(笑)

 

父親の実家。(自宅)は肉屋?

萬田久子の実家は、「肉のマンタ」という大阪では知らない人がいないくらい大きな肉屋(肉卸会社)で萬田久子は、お嬢様だったようです。

へぇ~。今でもあるんでしょうか。

調べたところ現在、肉屋は営業しているのか分かりませんでした。

芸能人のお店などは、観光名所になりやすいので、萬田久子の実家の肉屋も店名を変更して営業しているかもしれません。

…今の時代は情報が回るのが早いですから、もしかすると店が特定される日が来るかもしれませんよね。営業していたらの話ですが。

そして。

スポンサードリンク

萬田さんの実家を探っていくと「印刷屋」という話も出てきます

ほお。

元々、萬田さんのルーツは大阪ではなく愛媛県にあり、曾祖父は漁業を営んでいたものの、

ある時台風に逢い、曾祖父や萬田さんの祖父の兄などを含め、一族6人が命を落としたそうです。

今も昔も台風の被害は甚大です…

家族で唯一残されたのが、萬田さんの祖父だったのです。当時12歳だった祖父ですが、大阪へと移住し一家の大黒柱として印刷屋で見習いとして働き始めます。

丁度、同時期大阪では印刷業が活発になっており、25歳で祖父は独立して自身で印刷業を営んだそうです。

その印刷屋がどうなったのかは分かりませんが、萬田さんの父親は1代で肉屋を営んで大きくしたようですね。

昔は色々あったんですね。しかしこうして見ると、今現代の世の中とは全然違いますね。

萬田さんの父親と母親の出会いが気になる所ですが、情報がありません。恐らく大阪で出会っているんでしょうが。

 

母親の紹介。

萬田久子さんの母は、孝子といいます。

孝子は、大阪市大正区で材木屋に勤務する奥地保・きり夫妻の三女として生まれました。戦時中に、母・きりの故郷である三重県井田村に疎開し、終戦後も井田村で暮らしました。

…そんな過去もあったんですね。大阪は都会で空襲の懸念がありましたから身の危険を考えての疎開だったのかもしれません。

萬田久子は、子供の頃から母に手作りの服を作ってもらい着ていたので、おしゃれな服を着ていたでしょうからファッションセンスが良いのは母ゆずりかもしれませんね。

…母親も可愛い久子さんに着てもらった時は嬉しかったんでしょうね~。

 

ファッションへのこだわり。

小さいころからファッション感覚を身に付けていた萬田久子さん。こだわりがあります。

時間や場所だけでなく、会う方の性別や雰囲気まで考えてコーディネートを決めるそう。

…ここまで考える人はまず居ないでしょう。聞いたことがありません。

女性スタッフが多い打ち合わせでは、黒基調でシックにまとめて、色を強調させません。そうすることで、逆に自分自身を目立たせられるのだそうです。

へぇ~。あえて皆と逆にいくんですね。

逆に男性スタッフが多い打ち合わせでは、差し色で赤などの色味を入れて、華を持たせるのだそう!

なるほど。目立つ色で引き寄せるってことですね。やらしい。(笑)

 

着物。

外国人や若者が多い場合は、着物を着ることもあるといいます。

…あ。萬田久子さんは着物の本を出版しているくらいですからね。こだわる理由も分かります。

萬田久子さん流、お洒落な着物の楽しみ方。伝統を大切にしながらも洋服のセンスを取り入れた、萬田流・小粋な着物スタイルを、美しい写真満載で紹介。

ハウツー要素も盛り込んだ、着物入門書の新バイブル。

萬田久子さんのように美しい人は着物が似合いますよね。ファッションセンスが良いのは分かりますが、日本人は着物がやっぱり似合います。

 

髪形がかつら?

萬田久子さんのコマーシャルを見ました。
いつも綺麗な・・と思っていたんです。髪の毛。ヘアースタイル。

ウィッグのCMだったんですが、萬田久子さんはウィッグを使っていたんですね。

いろんなところで調べてみると、どうもウェービーヘアーのときだけウィッグだとか・・・

萬田久子さんといえば、ストレートヘアーのイメージが強いんですが、そう思って見てみると、ストレートもウイッグかも・・

何にしても、ウィッグでオシャレを楽しめることは素敵なこと。女性用のかつらといえば一昔前は なんとなく恥ずかしいものでしたが、

50代に突入してもオシャレな萬田久子さん遊び心で小粋にウィッグを使うということが、40代、50代の女性にとってオシャレの幅が大きく広がったといえるでしょう・・

萬田久子さんが火付けとなってウィッグをつけた人もいるでしょうね。そうやっていつまでも女性としての美しさを追及する萬田久子さんは素敵ですね♪

良い感じ♪

 

名言を。

集めてみました。

「辛いことがあっても、良く寝て食べる」

「人生はオセロ。最後には、多くが白にひっくり返ることもある。」

「服のサイズはSMLすべて試着する。」

「若いうちは傷が浅い。すぐ治るから。」

この言葉を聞いて、その言葉の中身をじっくり考えてみると深い事を言っているのが分かりますよね。しかし、服の名言。(笑)さすがファッションにこだわる女性です。(笑)

 

インスタグラムで現在。

実は萬田久子さん、インスタグラムをしています。

お若いです。

中では、仕事での活動や、プライベートでのショットを投稿しています。

https://www.instagram.com/p/BhoJNd_gCJ9/?utm_source=ig_web_copy_link

 

他には。

 

ゴルフもするんですね~。身体を動かして健康そのものですね。この調子でいくと、まだまだまだまだバリバリで活動していくことでしょう♪

これからにも期待しましょう♪

 

<関連記事>萬田久子の夫が浮気?ブランドって?息子の嫁は誰?逮捕?

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です