三田寛子の実家は七条だった?着物画像!年齢の割に若くてかわいい!

Pocket

いくつになっても綺麗な三田寛子さんの紹介です。

 

三田寛子の実家は七条だった?

三田さんが生まれた地は京都府京都市下京区だそうです。

京都は街並みに気品があって良いですよね。

三田寛子さんの実家があるという京都府京都市下京区は京都府内有数の繁華街となっている地域です。

かつては人口が減り続けていた街だったようですが、現在では居住地再整備やマンション建設の増加により再び人口が増加しています。

外国人観光客も多いですよね~。

実家がある京都府京都市下京区には京都の玄関口ともいえる京都駅があり、その付近には京都タワーがあります。

四条大橋や西本願寺のような歴史的な建物だけでなく大型商業施設も立ち並んでおり、現代的であり歴史的でもある街です。

歩いていたらヨーロッパ系の方やアメリカの方。様々な人がいますね。しかしやはり京都と言えば、馬車ですよね!(笑)

スポンサードリンク

三田寛子さんは幼少期はショートカットで色黒だったため男の子と間違えられることが多く、仮面ライダーが好きで男の子とばかり遊んでいたみたいです。

けっこうやんちゃな少女だったんですね。確かに言われてみれば。

家は厳しい家庭だったらしく父親が礼儀作法に厳しかったようで殴られて鼻血を出したこともあったようです。

また三田寛子さんは呉服屋の娘にピッタリな日舞の習い事を小学1年生の頃からしていたみたいです。

なかなかというか、かなり厳しい環境だったようですね…現代ではあまり考えられないです…それが本来の日本だったんでしょうかね~…しかし礼儀作法は大切です。京都という地も関係あるのでしょう。

そして実家は呉服屋さんだったみたい。

三田寛子さんのご実家は、戦前から代々続く染物屋さんだったようです。そのため、三田寛子さんのお父様も一時は、その染物屋さんを継ぎました。

しかし、当時の不況のあおりで商売をたたんでタクシードライバーに転職をされたということです。

そうだったんですね…最近では、大きいショッピングモールなんか出来て便利ですが、昔は商店街に沢山店があって、そこで大体の買い物をしましたよね。

今では廃れていますがその呉服屋さんもそんな感じなんでしょう。…もしかしたらその呉服屋さんが七条だったのかもしれません。

そして幼少期は貧乏だったと言われていますが…

お父様の判断でお店をたたんで、きちんとタクシードライバーに転職して収入を得ているので、貧乏ではなかったと思われます。

これだけ厳格な方でしたら、他人に迷惑なんかかけないでしょうし、家族を養うために必死だったはずです。そして。

三田寛子さんのお母さんは、以前、保母さんをされていたそうです。

厳格な父親と優しい母。恐らく三田寛子さんは母親っ子だったでしょうね~。(笑)

京都有数の繁華街と知られている、下京区で生まれ育った彼女はやがて14歳で芸能界デビューをすることになります。

よく鴨川とかへ遊びに行っていたんでしょう。

彼女の中学については不明でしたが高校は東京都立代々木高等学校に入学しています。

しかし単位不足の為、明治大学付属中野高校の定時制に転校していた事がわかりました。

真面目そうなのに単位を落とすなんて考えられません…そしてここでも貧乏噂をされる原因が。

普通の高校に通っていましたが、貧乏で高校に通えなくなり、定時制の高校に通ってお金をかせぎながら家族を家族を養っていたと勘違いされたのでしょう。

勝手な妄想ですよね。(笑)しかし単位を落としたのは芸能活動が忙しく学業がままにならなかったからのようですね。

ちなみに同校にはキムタクや松山ケンイチが出てきており、彼女の同期にいたのはなんと歌手の中森明菜や俳優の本木雅弘等もいたことが明らかになっています。

凄いメンツです!そして幼少期とは打って変わって。

地元の人曰く、10代のころからおとなしく真面目な生徒だったようです。

家庭環境が厳しすぎて大人しくなったのかもしれませんね。

 

着物画像!

さすが京都出身というだけあって気品に溢れていますね~。そして元々呉服屋さんの娘ですから、着付けはしっかり覚えているでしょうね。

こんな話が。

都内の超高級イタリアン。11月上旬の夜11時半、政治家や財界人も御用達のこの店にやってきたのは、中村橋之助改め、八代目中村芝翫一家。

その日は襲名披露興行の2か月目『吉例顔見世大歌舞伎』の初日だった。

そこで。

「芝翫さんと奥さんの三田寛子さん、それに3人の息子さんたちも一緒でした。スーツ姿の男性陣に対して、三田さんはお着物姿。

やはり父親から礼儀作法を教わってきただけに、そういう場所ではキッチリ着物なんですね。

スポンサードリンク

その画像がこちら。

少しばかり疲れている感じが否めないですが、オーラありますね。やはり三田寛子さんは着物が似合います。

他には。

いいですね♪ばっちりお似合いでございます。

 

年齢の割に若くてかわいい!

三田 寛子(みた ひろこ、1966年1月27日 – )は、日本の女優、歌手、タレントである。

趣味は、日本画・かな書・書道・茶道・お菓子作り。

60年代生まれでこの若さです!

三田寛子さんは3人のお子さんをお持ちで長男の方はもう20歳になるそうですよ。。

三人も…それでこの見た目ですか…確かに若い。

ネットでは。

  • 三田寛子ほんとかわいいね!年齢が50歳に見えないくらい若い

  • 最近よくテレビで見かけるようになった!子育て落ち着いたのかな?

  • さんまのまんま面白かったw中村橋之助ボケてきたりするらしいねw

  • 三田寛子は昔からかわいいよ!今は綺麗だしね!

  • あんな明るくてよく喋るお母さんがいたら家庭も賑やかで楽しそうだな

  • 松本伊代と三田寛子は、本当に昔も今もかわいい!

  • 本当に評判いいよね。歯並びも肌も綺麗!あんなふうに歳をとりたい

  • HKTの兒玉遥に似てると思ったのは俺だけか?w

と、高評価ばかりです。

ネット上には「褒める意見」しか見当たらない

とも言われています。(笑)ほんと凄いですよね。さらに若く見える原因がありまして、それは。

その「天然キャラ」も相まって、「52歳にはとても見えない」「30代でしょ?」の声が殺到した。

そう、天然が若さを加速させているんです。(笑)

若い頃。昔の事件では危機一髪。

今とハリが少し変わっただけに見えます。

三田さんは「花の82年組」と呼ばれる空前のアイドルブームの時にデビューしています。

モーニング娘やAKB48よりはるかに前にアイドルブームがあったんですよね。

その頃は中森明菜、堀ちえみ、小泉今日子、早見優、石川秀美、原田知世、斉藤慶子、つちやかおり、シブがき隊など現在でも芸能界で活躍する大物アイドルが大人気の時代でした。

そうそうたるメンバーですが、なんかバブルを思い出させますよね~♪

三田さんはこの時代、毎日睡眠時間は2時間で超過密スケジュールだったんです。

…良く生きましたね。(笑)ハードすぎる。

三田寛子さんはおっとりした話し口調と、少し天然ボケの明るいキャラクターで人気を得ていました。

それは今も変わりませんね。三田さんの良いところでもあります。

でも人気が出れば出るほど「いじめ」もあったようで、表では顔に決して出さなかった三田さんです

芸能界は生き残るために必死ですから、妬みなどは多そうですね…いじめも陰湿なのかも、、

こんな事件がありました。

三田は中学生の時に男から「あなたの弟さんが今、事故にあったのでお父さんとお母さんが病院に先に行ってるから一緒に僕の車に乗りなさい」と言われたことを明かした。

三田は男に対し、「お家に帰って見ないと分からない」と言い通し、振り切って帰宅。すると弟が現れ、「お帰り~」と迎えてくれた。男が言ったことはうそだった。

…これは怖い!世の中にはサイコパスな人もいますし、罪もない人が命を落とす時代ですからね。。一歩間違えれば、危なかったかもしれませんよね。本当に良かった。

こんな可愛らしかったら声かけられますよね。

 

髪形。最近の画像。(2018)

ナチュラルな感じですね。
一番真似しやすくて、美容師さんにも伝えやすそうなスタイルです。

いたってシンプルな髪型です。今の時代は派手なパーマなんか当てたりする女優さんもいますが、三田寛子さんのような旦那さんが歌舞伎界の人なら落ち着いた髪形にしたほうがいいのでしょう。

こういう髪型が着物にも合いますよね!

 

<関連記事>三田寛子の息子はブサイク?逮捕されてた?旦那は?襲名?

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です