テレンス・クロフォードがコナー・マクレガーとMMAルールで対戦か

ボクサー
wowow

ケルブルックと対戦する数日前に、クロフォードのマクレガーに対するニュースが上がっていました。そのニュースを見て唖然!なんと両者に対戦する可能性がある事が分かりました。

テレンス・クロフォードがコナー・マクレガーとMMAルールで対戦か

クロフォードが所属する『トップランク』のボブアラム氏もその事について発言しています。アラム氏曰く、”一度MMAルールでマクレガーと対戦し、その後ボクシングルールで再戦”との事。いや、これが実現したらとんでもない事ですよ。

クロフォードはマクレガーの事を驚異だとは思っていないようですが、UFCの二階級制覇チャンピオンですからね。いくら何でもそれは...

クロフォードが何故自信満々なのか疑問に思ったのですが、彼はバックボーンがレスリングのようですね。

引用元:【youtube(DEEP MMA & BOXING)】 

腕ひしぎ十字固めを決めています。流れるように極めていますが、これがマクレガーに通用するとは到底思えません(笑)

クロフォードは単にマネーが欲しいだけなのでしょうし、だからこそ『大金が動けば』という条件を出しているのでしょう。

アラム氏は「一般の人は見たいと思うのでは?」と発言しているようですが、見たいですか?私は別に見たくありません。そしてボクシングだけでは不公平なのでMMAでも対戦オッケーとの事。もっと詳しく言うと、最初にMMAで対戦し、その三か月後にリングで戦うとの事。



...

本当にこの戦いが実現するのか疑心暗鬼の中、マクレガーは2021年1月にダスティン・ポイエーと対戦する事が決まりました。

2021年1月23日(土)に開催される『UFC 257』のメインイベントで行われる予定で、155ポンド(約70.3kg)契約で行われる。ESPNが報じた。

両者の試合は元々、マクレガーの呼びかけでUFCとは関係なく、12月12日にアイルランドでのチャリティーマッチとして行われる計画があった。

チャリティーマッチには、ポイエーもSNS上で合意していたようだが、ダナ・ホワイト代表は二人にUFCで戦うようオファーを行っていたようだ。

引用元:『yahooニュース』

ひとまずマクレガーはMMAに復帰するのですね~。勘を取り戻す為?真剣にUFCチャンプを目指す為?いや、異種格闘技戦で金を稼ぐため?

...その後マクレガーはパッキャオと対戦することを望んでいるようですね。そのためにサウスポーのポイエーを選んだとも噂されているぐらいです...

クロフォードもブルックに勝利した後、パッキャオと戦いたいと発言していますよね。

ひとまずマクレガーの試合が決まった事ですし、その後の事は現在の所分かりません。また新たな情報が入り次第お伝えしていきます。

以下海外の声

  • クロフォードがマクレガーの前でどれほど無力であるかを知りません…
  • 競争に参加するとすぐに彼はノックアウトされるかもしれません
  • クロフォードが総合格闘技に行ったら、私は尊敬する
  • 彼はマクレガーと格闘することはできません。彼は高校で格闘しましたが、その実力で総合格闘技に移行することはできません。
  • 喋る前に、キックを見せてくれ。
  • 彼はお金の戦いに必死です。

マクレガーの真似をするクロフォード

引用元:【youtube(FightHype.com)】 

コメント