食品添加物の危険性ランキングがヤバい?!食べてはいけない?

マメ知識

スーパーやコンビニで売っている食品には当たり前に添加物が入っています。いちいち裏面を見て添加物が入っているから買わないという人は少ないですよね。ですが、その”気にしない”という行動が将来の自分を苦しめるかもしれません…

というのも、添加物は危険だと言われているからです。その危険性についてまとめました。

食品添加物の危険性ランキングがヤバい?!

普段何気なしに買って食べてるものが身体に悪いなんて、、、走ったり岩盤浴に行ったりして、健康を保っているつもりの人は多いでしょう。ですが、食べてるものが悪かったら意味がないかもしれません。何故なら、貴方が買った食品の中には添加物が入っている可能性があるからです。

...身体に悪い事が分かる『ある人』のツイートを発見しました。

...食品添加物が身体に悪い事が分かります。

そんな事もあり、添加物の危険性のランキングまで記事にされる事があります。そんな記事なんて普段見ませんし、それはやはり危険だという認知が無いからでしょう。私も気にしていない時はそんな事見向きもしませんでしたし。

 

...という事で、危険性ランキングを参照しましょう。

画像出典元:『ときめきとぴっく』

上記の単語を初めて見た人も多いかと思います。いちいち商品の裏面を詳しく見る人は少ないですからね...

 

食品添加物は食べてはいけない?発がん性がある?

こんな事を言うと、非難する人がいますが、食品添加物には発がん性があると言われています。確かに、近年の日本では癌を発症する人が多いですし、癌で亡くなる人も多いです。ですから、この話には納得できます。

一つ一つの危険性について調べていると、やはり発がん性があると言われるものも多いですからしっかりと覚えておきましょう。

ですが、『食品添加物の危険は嘘』と言っている人もいますから、気になる人は見ておいてください。

風評に惑わされるな! 「食品添加物は危険」のウソ 『無添加はかえって危ない』の著者・有路昌彦氏に聞く
食品添加物の1つである保存料は、食品の腐敗を防ぎ、食中毒リスクを下げる役割があり、その役割を持つ保存料を使わない「無添加食品」は、食中毒のリスクを高めることになる。食中毒のリスクは極めて大きなものであり、食品のリスクで最も下げないといけないものなので、それを抑える効果がなくなるのはリスクを一層大きくしてしまう。

 

...それと同時に、添加物の危険性について発信している人がいますので、こちらも見ていってください。

引用元:『youtube』

さあ、貴方はどちらを信じますか?私は添加物が危険だという人の意見を信じます。

 

亜硝酸ナトリウム(発色剤)の危険性。

亜硝酸ナトリウムは、毒性が強く、食肉に含まれるアミンという物質と結びついて、ニトロソアミン類という発がん性物質に変化することによって、摂取し続けると、がんになる可能性が高まると懸念されています。

亜硝酸ナトリウムのADI(1日摂取許容量)は「0.06㎎以下×体重(kg)/日」
となっているため、体重が10kgの子どもであれば0.6㎎が1日の摂取許容量になります。

また、ハムやソーセージなどの加工食品には1kgあたり最大70㎎の亜硝酸ナトリウムを使用しても良いことになっているため、最大限亜硝酸ナトリウムを含有しているハムやソーセージなら、子供は10gで基準値を超える量を摂取してしまうことになります。

引用元:『white food』

 

スクラロースの危険性。

スクラロースを化学式でみるとなんと「有機塩素化合物」に分類されています。この有機塩素化合物の種類の中には、猛毒の農薬やダイオキシンなどが含まれており、同じ部類という所からいつまでも不安視されているといったところです。

引用元:『人工甘味料の専門ページ』

また、スクラロースについては、「摂取すると、血中のインスリンおよびグルコース反応の増強に関連していることが判明した。このことはⅡ型糖尿病の発症につながる」(米国ワシントン大学医学部研究チーム)との報告がある。カロリーゼロでも、かえって糖尿病を引き起こしかねないのだ。

引用元:『Business Journal』




タール色素(合成着色料)の危険性。

例えば、イギリスの食品基準庁(FSA)は、2008年に、赤色40号と赤色102号、黄色4号、黄色5号を含む6種類のタール色素が、注意欠陥障害の原因になる恐れがあるとの理由で、食品メーカー等に自主規制を促しており、アメリカやカナダでは、赤色2号と赤色102号、赤色106号は、がんやアレルギーを引き起こす可能性があるとして、使用が禁止されています。

また、赤色3号については、甲状腺に異常を生じる可能性があるとの理由から、ドイツでも使用が禁じられているようです。

引用元:『white food』

タール色素は、化学構造上からも、すべて発ガン性や催奇形性の疑いがあります。遺伝子を傷つける作用(遺伝毒性)も指摘されています。
実際、発ガン性などで、わが国でも使用禁止が相次いでいます。
それらは赤色4号。赤色5号、黄色1号、緑1号など17品目。しかし、禁止になるまで、国民は何も知らずに“口にしていた”のです。
それまで、どれだけの人がガンになったり、命を落としたことでしょう。

引用元:『aska』

以下のタール系色素11種は、北欧では禁止です。
しかし、いまだ日本では野放しなのです。
――赤色2号、赤色3号、赤色102号、赤色104号、赤色105号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、緑色3号、青色1号、青色2号

引用元:『aska』

 

ソルビン酸、安息香酸ナトリウムの危険性。

同じく加工肉や、はんぺん、かまぼこなどに含まれる保存料のソルビン酸、安息香酸なども発がん性が報告されている。

「安息香酸ナトリウムは水に溶けやすいので、清涼飲料水によく使用されています。これらの添加物には、微生物の活動を抑制する働きがあるので腐りにくいのですが、細胞の塊である人間の体にそんなものを多量に入れていいわけがありません」(前出の小薮氏)

引用元:『週刊現代』

 

 

次亜塩素酸ナトリウムの危険性。

この物質は漂白力が強い一方、人体には特に危険な添加物です。
非常に強い毒性を持ち、ビタミンB1を欠乏させます。
そして、胃や腸の粘膜を傷つける危険性もあります。

コンビニで売られている、カットレタスやカットサラダがきれいに見えるのも、
こういったもので漂白されているからなのです。
異常に白いサラダや野菜には気を付けましょう。

画像出典元:『ときめきとぴっく』

 

イマザリル(防カビ剤)の危険性。

イマザリルは、殺菌や殺カビの効果があるため、食品添加物としては防カビ剤の用途で使用されています。 日本では、1992年11月6日に食品添加物に指定されていますが、毒性がある物質であるため、従前には農薬としての使用もはばかられていた経緯があります。
イマザリルは、ジクロルベンゼン誘導体とイミダゾールを反応させて生成することができ、水に比較的溶けやすいと言われています。

引用元:『たべるご』

イマザリルには、急性毒性があり、その致死量はわずか20gとされています。また、イマザリルに含まれる不純物によって、肝臓がんや甲状腺腫瘍になる危険性があるようです。

摂取による中毒症状として、吐き気をもよおしたり、眼に入ると発赤や痛みが生じることがあります。動物実験によれば、発がん性は今のところ認められていないようですが、ヒトに対する安全性に関する有効なデータはあまりないのが実情のようです。

引用元:『たべるご』

 

アセスルファムkの危険性。

前述したとおりアセスルファムk単体での使用については突然変異・発がん性は認められていません。しかしアセスルファムkは他の甘味料と併用されることが多いので他の人工甘味料と併用した場合の安全性は未知数です。

化学物質で作られた物質同士を併用した場合の研究結果はありませんので危険性はぬぐい切れません。

引用元:『たべるご』




アステルパームには発がん性がある?

さらに、アスパルテームは砂糖の100~200倍の甘みがあるが、マウスの実験では、白血球の減少などが報告されている。

引用元:『Business Journal』

 

リン酸塩は危険?

「スーパーで売っているレトルト食品の原材料表示をじっくり見ると、しばしばリン酸塩という単語が入っていることに気がつきます。これはおいしそうな色を付け、食感を良くする『魔法の添加物』で、様々な加工食品に使われています。

しかし、この成分を過剰摂取していると、カルシウムの吸収が抑制され、骨粗鬆症や腎機能の低下、甲状腺機能に悪影響が出る危険性があります」

こう警鐘を鳴らすのは、食品表示アドバイザーで消費者問題研究所代表の垣田達哉氏だ。

引用元:『週刊現代』

 

食べてはいけない超加工食品!

参考になる記事を貼っておきます。

「食べてはいけない超加工チルド食品」実名リスト 危ない“ピザ”“ハンバーグ”etc. | デイリー新潮
スーパーに溢れる超加工食品。それとがんの関係を明らかにした研究結果を無視できる人がどれくらいいるだろう。…
ランチパックも危ない! 「食べてはいけない超加工パン」実名ランキング | デイリー新潮
超加工食品とは、スーパーなどで売られているパンやインスタント食品のことだ。…

 

何故日本人は癌で亡くなる人が多いのか。

「アメリカでは、がんなどの現代病が増え続けて国家の財政を圧迫していることが1970年代から問題視されていました。それで当時のフォード大統領が、栄養問題特別委員会を設置し、国民の栄養と病気の関係を徹底的に調査させたんです。その結果、現代病は薬では治らない。

がんを減らすには食事の内容を変えなくてはいけない、ということがわかった。それを受け、FDA(アメリカ食品医薬品局)や米国国立がん研究所が、健康のための数値目標を設定したり、がん予防に効果があると言われる食べ物の作用の研究を進めるようになりました。

その国家プロジェクトの成果が実って、’92年以降、増え続けていたがんの死亡数が減少に転じたのです」

引用元:『週刊現代』

もしかしたらですが、食品添加物が原因でガンになる人が多いかもしれません。

 

まとめ。

食品添加物は身体に悪いと言われていますが、一方で「それは嘘だ」という人もいます。一体どちらが本当の事を言ってるんだと思いますが、ヨーロッパで禁止されている添加物(タール色素11種類)を日本では使用していますから、危険性は感じますね。

企業が利益を上げるために私たちを騙している可能性もありますから、注意して購入した方が良いと思います。

コメント