清涼飲料水は身体に悪い!飲み過ぎは健康に害ありだから注意しよう!

マメ知識

夏場になるとよく汗をかきますから、その辺に自動販売機があればついつい買ってしまいますよね。私は缶コーヒーを飲まないのですが、他の清涼飲料水を買ってしまう時があります。夏場に飲むとこれがまた美味しいんですよね~。でも、実は健康に害があるそうです。

 

よし、じゃあもう飲まない。

 

という事で、何故健康に悪いと言われているのか理由についてまとめました。

清涼飲料水(ジュース)は身体に悪い?!

私が幼い頃から当たり前のようにあった自動販売機、そしてジュース。これが身体に悪いなんて思いもしませんでした。

無知って怖いですね。。。

実際に身体に悪いという事を知ってる人は少ないです。というのも、ネットにて清涼飲料水が身体に悪いと発信している人が少ないからです。

知っている人は知っているのですが、ごくごく少数ですね。。。

 

清涼飲料水(ジュース)の飲み過ぎは健康に害を及ぼす!その理由は人工甘味料!

マイナビニュースというサイトにて、興味深い記事を発見しましたので引用させて頂きます。

「ペットボトル症候群」は、ジュースや甘い炭酸飲料、スポーツドリンク、缶コーヒーなど、糖分の入った清涼飲料水を多く摂取することで発症する病気のこと。

正しくは「ソフトドリンク(清涼飲料水)ケトーシス」と呼ばれている。糖分の摂(と)り過ぎにより体が糖を正常に代謝できなくなる「糖尿病性ケトアシドーシス」という急性代謝失調で、突然発症するという。

のどが渇いた際に水やお茶ではなくソフトドリンクを飲むと、飲料中の糖質によって血糖値が上がる。ジュースや炭酸飲料には多量の糖分が含まれており、コーラなら500mlのペットボトル1本で角砂糖約15個分、スポーツドリンクも、角砂糖9個分程度の糖分が含まれている。

血糖値が上がるとのどが渇くため、さらにソフトドリンクを飲んでしまい、高血糖を引き起こすという悪循環になる。そして、血糖値をコントロールするホルモンであるインスリンが不足しその働きが低下。糖の代謝がうまくいかず余計に血糖値が上がってしまうという。

引用元:『マイナビニュース』

飲みすぎてイライラしたり、吐き気がしたりする事もあるそうですし、実際に命にかかわった人もいるそうですから本当に注意が必要です。

何でこんな飲み物が普通に販売されているんでしょうね~。やっぱり得をする人間がいるからこそ、私たちはだまされているという事なんでしょうね~・・・

因みにその『ペットボトル症候群』は10代から30代の男性が掛かりやすいとの事。注意です。

アメリカのカリフォルニア大学で行われた実験で、被験者に清涼飲料水を5日間飲んでもらった後に、その後は水もしくは牛乳を飲んでもらったそうです。

すると、モチベーションが下がったり、気分が悪くなったり、そして集中力も下がるという症状が出たそうです。つまり、禁断症状って事ですね。うん、ヤバい。

 

 

実は清涼飲料水(炭酸飲料を含む)は中毒になる成分が入ってるって知ってました?!

実は糖質が中毒になる成分なのです。

米国プリンストン大学のバート・ヘーベル教授らはラットを使い砂糖依存症の研究を長年行っている。ラットに10%の砂糖水を3週間与え続けると、最初ラットは砂糖水を1日に37mlしか飲まなかったが、次第に摂取量が増え3週間後には砂糖水を112mlも飲むようになった。

ヘーベル教授が脳内の「側坐核」という麻薬で活性化する神経核を調べたところ、砂糖水を飲み続けたラットではドーパミンという「快楽ホルモン」の分泌量が130%に増加していることを明らかとした。

この脳内の反応は報酬系と呼ばれ、これまでヘロイン、コカイン、ニコチンやモルフィネといった麻薬性の物質を摂取した時に脳で活性化する反応に酷似していた。

引用元:『カラーダ』

何回も言いますが、儲けるためにジュースは大量生産されているのですね。。。そう考えると人間って本当に愚かですし、怖い生き物ですね。。。

肥満になるし、歯が溶けるとも言われています(歯に含まれているカルシウムを奪って砂糖を分解するため)。飲まない方が良いですね。

多くのジュースは、500mlで1日の砂糖摂取量に届きそうなぐらいの砂糖が入っています。厚労省が発表している1日の砂糖摂取量はおよそ50gです。




子供はジュースを飲まない方がいい!

ジュースが身体に与える影響を話しましたが、こんな情報を知って子供に勧める人は居ないでしょう。まあ、一応子供が飲まない方が良い理由は先ほどの説明の通りです。

糖質が多く入ったジュースを飲むと、一気に体内の血糖値が上がり、膵臓が反応して多くのインスリンを分泌させるという情報もありますし、その結果低血糖症になる恐れもあるそうです。

骨にも悪いですから成長を妨げるかもしれませんよ~。。。

 

濃縮還元の飲み物も身体に悪い?!

濃縮還元ジュースって知ってますか?何となく身体に良い気がしますよね~。でも、実際の所は身体に悪いんです。濃縮還元ジュースは様々な方法で果汁の水気を飛ばしていますが、その後再び水分を加えて作る製法の事です。

海外で作られて日本で再び水を加えている物もありますから、産地が分からないジュースもあります。という事は、日本で認められていない身体に悪い農薬をガッツリと使われたものもあるという事なんです。うまく騙されている気がしますね。

この濃縮還元ジュースをラットに飲ませ続けた実験があったのですが、それによると結果は甲状腺の機能が低下したそうです。

人工甘味料などを使って調整しているとも言われていますし、そうなると果物が本来持っている糖では無いという事になりますから酷い物です。

 

ゼロカロリーのコーラも身体に悪い?

ゼロカロリーだから大丈夫だろう。←そのように考える人も多いのではないでしょうか?実際の所は身体に悪いです。

ゼロカロリーには人工甘味料が含まれているのですが、それを取り続けると…

・心臓疾患
・肝臓肥大・異常
・卵巣収縮
・脳肥大
・甲状腺の衰え
・赤血球減少
・成長遅滞

になるという情報を発見しました。

人工甘味料は、その名の通り人工的に甘みを付ける調味料です。砂糖の何百倍も甘みを持つとも言われていますし、コストも安いそうです。つまり、コストを抑えながら私たちの身体をむしばんでいるという事です。

『アステルパーム』(砂糖の200倍の甘さを持つ)は、脳腫瘍や白血病を起こすリスクになると言われています。

『アセスルファムK』は、免疫力の低下や肝臓に悪いと言われています。

『スクラロース』は、塩素が含まれていてラットの実験では白血病や白内障になるリスクが上がる事も分かっています。

このような成分が入ったジュースを飲むのはやめましょう。

 

まとめ。

今回は清涼飲料水や炭酸水(ジュース)が身体に悪いとされる理由について話しました。私たちが何気なし飲んでいるものは、実は身体に悪い物だったのですね。砂糖や、人工甘味料が及ぼす危険性が分かったと思いますから、日常から気にしておきましょう

コメント