ボビーブラウンが語るマイクタイソンがダグラスに負けた本当の理由。

レジェンド

誰があの時、タイソンが負けることを想像したでしょうか。あの試合は色々と物議が醸されましたし、ダグラスの10カウント問題もありましたよね。

...

タイソンの才能を見出したカスダマトの死後からタイソンの人生は墜ちていくことになりました。ドン・キングと手を組み、ケビン・ルーニーの解雇等、タイソンの歯車が狂っていく事となるのです。

タイソンはダマトの死後、「何もかもがどうでもよくなった。闘う理由はカネの為。夢なんてない」と発言しています。それから彼は毎晩のようにパーティーに行き、酒を飲み、自暴自棄に走っていきます。

昼は練習をし、夜になるとパーティーに参加。一晩中色んな女と格闘したとタイソンは語り、ナオミキャンベルと交際している時も別の女性と交際していたのです。とにかく、一人の女性と交際して飽きたら直ぐに別の女性と遊んでいたと。

それが原因で練習不足になり、生活が乱れていく事になったのです...ダグラスと試合した時、日本でスパーリングをした時もタイソンが『グレグ・ペイジ』にダウンさせられるとは衝撃でしたよね。

明らかにタイソンの練習不足が分かる出来事でしたし、タイソンの敗因が”チームタイソンの崩壊”が原因だと言われてるのは有名な話です。そうですよね。私もそう思ってました。ダマトの死後から、タイソンがおかしくなっていったのですから。



...

2018年になって、海外の記事にて、ボビーブラウンがタイソンの負けた本当の理由を語っているのを発見しました。

ボビー・ブラウン(Bobby Brown、1969年2月5日 – )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン出身のR&B歌手でありダンサー。本名:ロバート・ベレスフォード・「ボビー」・ブラウン(Robert Beresford “Bobby” Brown)。J Soul Brothersの命名者でもある。

引用元:『wikipedia』

1989年のボビーブラウンとマイクタイソン

画像出典元:『eurweb』

ボビーブラウンによると、1990年2月11日にタイソンが負けたのは、自分のせいだったと。タイソンは試合の前日、日付が変わった午前三時までパーティーをしていたのです。一体誰とパーティーをしていたのかと言うと、日本の女性。

その女性達と●EXをしていたとボビーブラウンは発言しています。ボクサーと言えば、戦う何週間も前に行為を止めるように言われますし、その理由はリング上でパワーを発揮するため。実際、試合の前日に行為をしてしまい試合に敗れた人が知人にいます。これは経験者しか分からない事なのですが、タイソンは試合の当日になっても寝ずに遊んでいたのです。

ボビーブラウン曰く、その日は約12人の女性とパーティーをしていて、男はタイソンとボビーブラウンのみ。ボビーブラウンはタイソンに対し、「眠る必要がある」と言いつつも、タイソンは「心配しないでください」。

試合当日、タイソンの試合は東京ドームにて開催されましたが、ボビーブラウンは大阪に行く予定だったので試合会場に足を運ぶ事が出来ませんでした。ですから、テレビ越しでタイソンの応援をしていたようです。

その時、タイソンが倦怠感を持っている感じがしたとか。そしてKO負け。試合後にタイソンから電話があり、「ボブ、貴方の言ってる事は正しかった。眠い」「カスダマトが●EXをしたら駄目だと言った意味が分かった」「足がダメだった」このように話しています。

 

 

 

コメント