小野伸二の天才逸話。ファンペルシーとスナイデルが?年俸推移。

Pocket

今回は元サッカー日本代表の小野伸二さんの紹介です。イケメンですし、多くの女性ファンもいましたよね。サッカー時代の話です。




小野伸二プロフィール

生年月日:1979年9月27日

出身:静岡県沼津市

身長:175cm

ポジション:MF

利き足:右

<所属クラブ>
浦和レッドダイヤモンズ
フェイエノールト
ボーフム
清水エスパルス
ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC
コンサドーレ札幌

かつての日本代表ですが、パスの精度やドリブルが日本レベルじゃなかったですよね。そして小野伸二さんは坊主スタイルなのですが、こんなにかっこいい坊主はかつて見たことがないです。ってくらいカッコいい!私は浦和レッズといえば小野伸二でした!

スポンサードリンク

小野伸二の天才逸話

伝説級です。

サッカー少年団に入団したい気持ちを、家庭の事情で押し殺していたのをサッカー少年団の監督に見抜かれ「お金はいらないから入団してくれ」と逆に声を掛けられたのは有名な話です。

才能があると見抜かれていたんですね。小野伸二レベルだと小学生の時も化け物級だったでしょう。地元では知らない人は居ないくらいだったとか。

・高校を卒業し、プロ入りの際にはJリーグの13クラブからオファーがあった。

・18歳でA代表デビュー。ワールドカップにも出場。

・フェイエノールト時代、UEFAカップ準々決勝PSV戦でPK戦にもつれ込んだ際、ペナルティースポットまでリフティングで歩いていき、ゴールを決めた。

当然のことながらプロ入りの前から注目されています。18歳で公式試合に出場しているくらいですからレベルが高いのはこの情報だけでも分かりますよね。

しかし、フェイエ時代の緊張する場面での落ち着きようは半端ないですよね。周りの選手も驚いていた様ですし。

ラモス瑠偉は語る。

「日本で天才がいるとしたら、僕は一人だけだと思う、小野伸二。もし怪我してなかったら、化け物みたいな選手になっていたよ。輝いてる時間は短かったけど。」

天才と認められています。

稲本潤一選手は。

「こいつには勝てない」と悟り、自ら一つポジションをさげアンカーとなった。

海外でもプレー経験もあり、記憶に刻まれている日韓ワールドカップでもゴールを決めた稲本潤一さんからも一歩距離を置かれています。

フランスワールドカップ、ジャマイカ戦残りわずかの時間に出場し、一人かわしてシュートまで放った小野伸二を見た外国人記者が

『なぜ彼を早く入れなかったんだ?』

と日本人記者に質問をしてきたエピソードからくる期待感。

確かに小野伸二さんが先発で出なかったときは不思議でしたよね。というより、何故出さないんだ!という怒りしかありませんでしたが。(笑)

元オランダ代表のヨハン・クライフは。

「あのテクニックは素晴らしい」

オランダのサッカー好きなら誰もが知る伝説の選手からも評価されていますね。

 

もう一人。元オランダ代表のフランク・ライカールトは。

「FCバルセロナの最後のピースはシンジオノだ」

名門バルセロナの監督をしていた頃に、オランダのレジェンドが小野を狙っていたという話がある。

世界最高峰のリーガエスパニョーラ、そしてその中でも最高レベルのバルサからも狙われていたと言われている小野伸二選手。もし実現していたら興奮して夜も眠れなかったことでしょう。

 

ファンペルシー

同じチームでプレーしたこともありました。

「小野は天才。オランダ代表の練習で小野より上手い選手はいなかった。」

と言わしめています。

スポンサードリンク

当時すでにチームの中心だったファン・ペルシーはかなりイケイケだったらしく、夜遊びや監督、フロントとの衝突などで物議を醸していた。

そんなファン・ペルシーだったが、小野の言葉にだけは耳を傾けていたという。

小野伸二さんの生き方を尊敬していたのかもしれません。

小野伸二と再会したファン・ペルシー

「僕らは良い思い出を共有しているんだ。 10年ぐらい前にUEFAカップを一緒に勝ち取った(2001-02シーズン)。

僕はとても若くて、彼は良くしてくれた。フェイエノールトのトップチームに上がった時は若くて、彼は僕の面倒をすごく見てくれたんだ」

こんな有名な選手をミッドフィルダーで操っていたんですから、小野伸二さんの評価が高いのも必然と言えますよね。しかし小野伸二さんのパスは魅力的でしたよね~。タッチが優しくてホント食い入るように見てましたから。

 

スナイデル

<スナイデルがこれまでのキャリアの中で最も難しかった選手として、小野伸二の名前を挙げている>

スナイデルさんはレアルに入団していた選手ですから、このような選手から小野伸二さんの名前が出るのは最高の評価ですよね。

スナイデルさんはこう言います。

「私がアヤックスでプレーしている時に、彼はフェイエノールトにいた。彼は非常に知的なプレーヤーだった」と答え、オランダのエールディビジで熾烈な戦いを演じた小野を称賛している。

この質問は日本記者からではなく、トルコ紙のインタビューからです。その場面で「小野伸二」の名前が出ること自体凄いことですし、名誉なことです。同じ日本人として誇らしいですよね。

 

年俸推移。

この評価の高さですから、ピーク時の年俸は高かったでしょう。

浦和レッズに加入 79試合 20得点
1998 (19)  400万円
1999 (20)  1,000万円
2000 (21)  3,000万円

入団当初活躍したこともあって倍になってますよね。期待の表れです。

フェイエノールトに移籍 112試合 19得点
2001 (22)  1億0000万円
2002 (23)  1億5000万円
2003 (24)  1億8000万円
2004 (25)  2億0000万円
2005 (26)  2億0000万円

この時代がピークなんですが、年俸は二億が生涯において最大ですね。私的にもっと高いと思っていたんですが…やはりあの怪我があったせいで、ここから下がっていってしまったのかもしれません。

怪我に関する記事はこちら↓↓↓

小野伸二の怪我はフィリピン戦で相手選手から?原因は?怪我がなければ。

浦和レッズに復帰 53試合 8得点
2006 (27)  1億0000万円
2007 (28)  1億0000万円
VfLボーフムに移籍 29試合 0得点
2008 (29)  8,000万円
2009 (30)  8,000万円
清水エスパルスに移籍 70試合 8得点
2010 (31)  5,000万円
2011 (32)  5,000万円
ウェスタン・シドニーに移籍 47試合 9得点
2012 (33)  4,800万円
2013 (34)  4,800万円
コンサドーレ札幌に移籍 55試合 2得点
2014 (35)  5,000万円
2015 (36)  4,800万円
2016 (37)  4,500万円
2017 (38)  4,000万円
2018 (39)  3,500万円

年俸総額は16億4800万円

とのことです。金額としては大きいでしょうが、現代のスポーツトップの年収がえげつないですから、それを見てしまうと小野伸二さんの額が少なく感じてしまいますよね。

あのクリスティアーノ・ロナウドの年収はなんと。

フォーブスは7日、世界で最も稼ぐスポーツ選手100人をまとめたランキングを発表した。今年の1位は2年連続となるサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドで、ここ1年での収入は9300万ドル(約102億円)だった。

一年で小野伸二さんの生涯の金額を優に超えています。半端ないですね~…一年でそれだけのお金を手にしたら、一般人の人は何に使うんでしょうか?気になりますね。

とまあ小野伸二さんの現役時代の逸話、評価などを記事にしてみましたがいかがだったでしょうか?よければ小野伸二さんの記事はまだありますので時間がありましたら見ていってくださいね♪

どうぞ↓↓↓

小野伸二が嫁の千恵子と離婚?娘は?自宅は?現在2018!

もういっちょ↓↓↓

小野伸二の娘が劇団四季のライオンキングに?フラダンス?学校はどこ?

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です