宇良和輝の塩?少ない?父は沖縄なの?離婚理由は?

大相撲
Pocket

今回は大相撲で「アクロバティック相撲」を取ると言われている宇良和樹さんの紹介です。彼は小学校三年生からレスリングに通っていました。そして小学校四年生の時に体操クラブにも通っていたんです!その経験を活かし、身体の柔らかさを使った珍しい技を繰り出す力士です。

 

宇良和輝プロフィール

所属部屋:木瀬

本名:宇良 和輝

しこ名履歴:宇良

生年月日:平成4年6月22日

出身地:大阪府寝屋川市

身長:172㎝

体重:135㎏

得意技:足取り・居反り

 

中学2年の文化祭で、友人と二人で登場。その時にバック転、前宙を披露し、当時ぽっちゃりだったため会場は大盛況だったとか。確かにぽっちゃりの人でそんなことしてる人見たことないです。(笑)テレビ番組で見ましたが、相当綺麗なバク転でした!全身バネって感じでした。

 

4歳で相撲をはじめ、寝屋川相撲連盟で指導を受けていました。体がなかなか大きくならないため、いつ心が折れてもおかしくない状態だったらしいのですが、母の信子さんが大きな支えになっていたそう。

母は春場所は毎年観戦に連れて行ってくれ、子供弓取り式用に、1日がかりで化粧まわしも作ってくれた。

「しんどい」「疲れた」は家では禁句で、「自分で決めたことは必ずやる」も家訓だったため、ある日はすり足のノルマを昼間出来ず、夜中に起きてやり遂げたことがある。

 

なかなか厳しい信子さんですね。でも男だったら強い男に育てないとだめだっていうのもあったのでしょう!それに負けない宇良関も流石です。

レスリングでは1度全国2位になった。「鼻血や突き指は、しょっちゅうでした」と東代表は語り、小4から週3回通ったクラブでの練習は1日80分で休憩は2分だけであった。

このような厳しい練習で培った根性と体力も大相撲で生かされた。

 

同時並行では凄いですよね。あの二刀流の大谷選手もびっくりです!(笑)

 

宇良関は関西学院大学教育学部に進学しており、1年の時に全国学生相撲個人体重別選手権65kg未満級で優勝・4年時に無差別級で3位。

 

2013年にはロシアで開催された第2回ワールドコンバットゲームズ相撲軽量級で世界一

そして、関西学院大学相撲部創部125年で初のプロ入り力士です。

 

身体能力がえげつないですね!いや、それよりも努力の賜物か…

 

信子さんは赤やピンクがとても好きなようで、二歳年上の姉、美鈴さんや宇良関にもよくピンク色の洋服を着させていたようですね。廻しがピンク色なのは、信子さんが喜ぶことを思っての事なんでしょうね。信子さんが作ってくれたまわしの色もピンク色なんだったとか。

取組前には、比嘉栄昇さんの「母さんの歌」を口ずさみます。

♪かあさんは~ 夜なべ~をして 手ぶく~ろ 編んでくれた~♪で始まる、しみじみと染み渡る叙情的な歌ですね。

宇良によると、いつも応援してくれる母を思い出し、心を落ち着かせるために歌っているのだそうです。

 

 

愛情が伝わってきますね!泣けてしまいます…

 

 

沖縄

 

実は宇良関のお父さん、沖縄の人でした!

父・辰美さん(58)の出身地・国頭村宜名真区で、宇良の取組があるたびに親戚や住民らが集まってテレビ観戦し、熱い声援を送っている。

5月の序ノ口優勝の際、区は泡盛の記念ボトルも売り出すなど、区を挙げて熱烈な応援態勢を組み、宇良の活躍が住民らの喜びになっている。

初の幕下で臨んだ11月の九州場所は7戦全勝の結果を残した。22日の千秋楽。同じ7戦全勝で同部屋の1年兄弟子・芝との間で優勝決定戦が行われ、宜名真では祖父・繁さん(85)の自宅に親戚らが集い、固唾(かたず)をのんでテレビ放送を見守った。

 

宇良関が序の口優勝した時に泡盛の記念ボトルってさすが沖縄です。(笑)現在は、宇良の祖父の繁さん、祖母の幸子さんが住んでるんですね!

こういった活動もしています。父親の地元では、宇良関のノボリが海沿いに掲げられていますね。

 

離婚理由

宇良関の幼少期です。思いっきり面影がありますね。今と変わらないですね。(笑)

そしてお母さんの苗字は「岩崎」さん。いろいろと調べてみましたが、残念ながら父親の情報は何も得られませんでした。いつ離婚したかも、どういった経緯で離婚したかもわかりません。

ただ一つ言えることは、宇良関は父方の沖縄の方々と付き合いもしているってことです。

 

 

彼女

 

宇良関にはいま彼女がいる情報はありません。ですが、Twitterに一人だけフォローしている女性がいるんだとか。女性ファンからしてみれば、気になって仕方がないですよね!

相撲に集中するために彼女は作らないんでしょうが。ここまで有名になるとモテモテでしょうから、大変ですね(笑)

 

塩まき

 

2012年5月場所を初日から10連敗したことをきっかけに「塩でも思いきり撒いたら相手が怯むかもしれない」と考えだし、11日目から制限時間いっぱいでの豪快な塩撒きを行うようになった

この力士は「旭日松」と言う、千葉生まれの力士です。このように考える力士もいます。

 

宇良関の塩まき

 

かなり少ないですね!控え目すぎます。(笑)幼少期に貧しかったのか、もったいないって思ってるのかもしれません…

 

土俵の邪気を払い清めて、力士が怪我しないように神に祈ります。土俵を「神聖な場所」にする儀式です。「清めの塩」「力塩」「波の花」とも言います。

これが塩まきをする意味なんです。宇良関…もっと量を増やしてもらいたいものです。(笑)

 

2017年11月場所前の座談会で舞の海が2017年の力士の傾向について、宇良個人を指しているのではないが「怪我をした瞬間を見ると、変にねじれたり、おかしな方向に曲がったりしているわけではないのに、膝を痛めている。やはり重すぎるのが問題だと思う

と、宇良自身は大柄ではないものの体重過多について警鐘を鳴らしていると同時に、宇良個人については「宇良は体の可動域が広すぎて、どこまでも粘れるのでひやひやします」とその傾向を指摘しており、

座談会に同席していた阿武松も「あれだけの相撲を、入門してから取れるようになった力士ですから、攻撃相撲に変えたほうがいいのではないですかね。片足で残って、という相撲はもうやめてもらいたいです。ファンとしては、はらはらします。相撲界の宝だと思っていますから

 

と指摘されています。

右膝の外側靱帯を痛めている宇良関。完治して、これからもファンを楽しませてもらいたいですね!健闘を祈りましょう!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.